英仏海峡でボート転覆、難民・移民27人死亡 英報道

英仏海峡でボート転覆、難民・移民27人死亡 英報道

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/11/25
No image

ボートの転覆事故後に港に集まった難民・移民の支援者たち=仏北部カレーで2021年11月24日、AP

英国と欧州大陸を隔てるドーバー海峡で24日、フランスの海岸から英国へと向かっていた難民・移民を乗せたボートが転覆し、仏内務省によると少なくとも27人が溺れて死亡した。同海峡をボートで渡って英国に上陸する難民・移民の数は今年急増しており、今回の犠牲者数は同海峡での難民・移民の死亡事故としては過去最悪という。

なぜ難民はベラルーシを目指すのか 苦悩のEU

英メディアによると、仏北部カレー周辺を出発し、英海岸を目指したとみられるボートが沖合で沈んだ。ボートには34人が乗船していた。英BBCによると、2人が救助され、1人が行方不明という。

同海峡をボートで渡って英国に上陸した難民・移民は今年、2020年の3倍以上となる約2万5700人を数える。中東やアフリカの出身者が多く、密航業者が用意したボートで英国に上陸し、亡命を求めるなどしている。紛争や迫害を逃れてきた難民と、経済的困窮からの脱出を目指す移民が混在している。

以前はフランス側で貨物トラックに乗り、海底トンネル経由で英国を目指す難民・移民が多かった。トラックのチェックが厳しくなったことなどから、ボートで海峡を渡る人が増えたとの指摘もある。

多数の死者が出た今回の事故についてジョンソン英首相は「ショックで、がくぜんとし、深い悲しみを覚える」と述べた。マクロン仏大統領は「フランスは海峡が墓地になるのを許さない」と述べ、移民問題に関する欧州連合(EU)の緊急会合の開催を求めた。【ロンドン服部正法】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加