マンU サンチョの代替案としてベイルら3選手を挙げる

マンU サンチョの代替案としてベイルら3選手を挙げる

  • SPORT|スポルト
  • 更新日:2020/09/15
No image

ドルトムントのサンチョ

マンチェスター・ユナイテッドは、ジェイドン・サンチョと契約できなかった場合の代替案として、ドウグラス・コスタ、ガレス・ベイル、イバン・ペリシッチの獲得を検討しているという。

ユナイテッドはサンチョへの関心を保っているが、現在のところボルシア・ドルトムントが提示した1億800万ポンド(約147億円)の要求価格には応じようとしていない。

そこで、英『The Telegraph』が、ユナイテッドは他の可能性のある選択肢に目を向け始めていると報じている。

ユヴェントスのウインガーであるコスタは、セリエAのクラブ側が彼の怪我の多さを気にしているため、手放す可能性は十分にあるという。

一方、ベイルはレアル・マドリーを離れることを許される可能性があるようだ。そして、スペインのクラブは彼が他のクラブに移籍できるように週給60万ポンド(約8,160万円)の半額を負担すると報じられている。

また、ペリシッチは昨シーズン、バイエルン・ミュンヘンにローン移籍し、35試合に出場して8ゴールを挙げていた。現在はインテルに戻っているが、ユナイテッドにとっては達成可能なターゲットとなり得るだろう。

ユナイテッドは今夏、アヤックスのドニー・ファン・デ・ベークを4,000万ポンド(約54億4,300万円)で獲得。監督オーレ・グンナー・スールシャールは、移籍市場が閉まる前にウィンガーの獲得を熱望している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加