サカナクション山口、中学時代の恋愛経験は単なる妄想...加藤浩次「サイコパスの発想」

サカナクション山口、中学時代の恋愛経験は単なる妄想...加藤浩次「サイコパスの発想」

  • RBB TODAY
  • 更新日:2021/05/03
No image

サカナクション山口、中学時代の恋愛経験は単なる妄想…加藤浩次「サイコパスの発想」

もっと画像を見る

サカナクションのボーカル・山口一郎が、3日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に出演。中学校時代の意外な事実が判明した。

同『スッキリ』で2年前に企画された旅行をキッカケに親しくなった山口と加藤。北海道・STVラジオでは彼らによる冠番組も昨年からスタートしている。そんな仲良しの2人は今回、同じ出身地・小樽を旅することに。

その中で立ち寄ったのが、地元の人気寿司店「寿司和食しかま」。ここの社長を務める色摩洋子さんと山口は小中の同級生で、しかも彼は中学校時代、色摩さんと付き合っていたという。

だが彼女とはキスもしておらず、文通ぐらいしかしていないという山口。今回思い切って本人に「中学の時、僕ら付き合ってたよね?」と確認すると、色摩さんからは「付き合ってない」と衝撃の返事。つまり、山口の単なる妄想であることが分かった。

それでも「付き合ってたと思ったんだけどなぁ」と抗う山口に加藤は「勝手に自分の頭の中ですり替えている」と記憶をねつ造していると語り、「サイコパスの発想」と断じた。ただし山口は当時、色摩さんに自分の書いた歌詞を毎日のように見せていたことは事実であることは判明していた。

なお、この旅企画の完全版は今月16日午後4時25分から、STVで「加藤さんとくん山口くん THE テレビ」としてオンエアされる。

杉山実

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加