楽天-ロッテでまた珍事...安田の大飛球が左翼フェンスに挟まる

楽天-ロッテでまた珍事...安田の大飛球が左翼フェンスに挟まる

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/05/02

(パ・リーグ、楽天-ロッテ、9回戦、2日、楽天生命)杜の都で前日1日に続き、またも珍事が起こった。四回1死一塁、ロッテ・安田が、楽天D1位・早川(早大)から放った打球は左翼フェンス際への大飛球。左翼手・島内がジャンプして捕球を試みたものの、ボールには届かず、打球は左翼フェンスとラバーの間に挟まった。島内がボールを見失う間に一走・中村奨は本塁へ生還し、安田も三塁へ到達したが、審判からタイムがかけられた。

審判団は競技の上、西本審判員がロッテ・井口監督へ説明。その後、球場のアナウンスで「フェンストップに挟まったと三塁塁審が判断し、ボールデッドとして、1アウト二塁、三塁で試合を再開します」と説明し、得点は認められなかった。

前日1日には同戦で観客が“守備妨害”をする珍事が発生。四回1死二塁で楽天・小深田が三塁フェンス際に放った飛球をロッテの左翼手・角中が捕球態勢に入ったが、身を乗り出した観客に遮られ、キャッチできなかった。リプレー検証を行った木内球審は「観衆の妨害がなければ捕球できていたと判断し、打者をアウトとします」と説明。小深田は左邪飛となった。

No image

4回 ロッテ・安田の打球がフェンスと支柱の間に挟まっている事に気が付かず、ボールを探す楽天・島内=楽天生命パーク宮城(撮影・荒木孝雄)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加