ヒロミ、恋人との初旅行で「その宿で一番高い部屋を取ります」と公言する指原莉乃に喝

ヒロミ、恋人との初旅行で「その宿で一番高い部屋を取ります」と公言する指原莉乃に喝

  • ENTAME next
  • 更新日:2022/05/13
No image

『ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”』(以下、恋セワ)の第75話が「ABEMA SPECIAL2」にて、5月12日(木)夜9時より放送された。

【写真】ヒロミ、指原莉乃に「高い部屋縛りはやめろ!」と喝、ほか番組カット【5点】

番組の冒頭では、MCを務めるヒロミと指原莉乃が恋愛の2択問題に挑戦。そして、「恋人と初めての旅行 どっちの部屋を取る?『A:ダブルベッド、B:ツインベッド』」というお題でBを選択したヒロミに対し、一方の指原莉乃が「私はどっちでもないです。分かんない(笑)」と答えると、ヒロミはすかさず「お前それはダメだよ(笑)A・Bぐらいは答えろよ!」とツッコみ現場の笑いを誘った。

しかし、その後に指原が、「私本当に分んないんです。考えたことなかった…」と告げながら、「その宿で空いてる一番高い部屋を取ります(笑)」と公言すると、現場では指原のまさかの答えに笑いが巻き起こるが、一人納得いかない様子のヒロミだけは、「これは大事なんだよ。ダブルでもし1個しかなかったら…『もう決定じゃん!』みたいな…(笑)なんか俺、そこ攻められないんだよな…」とベッドの数の重要性について熱弁すると、ヒロミの話を聞いていた指原は、「たしかに。なんかダブルだったら嫌かもしれない…(笑)」と納得。

その後、ヒロミに同調した指原に、ヒロミが「もうその高い部屋縛りはやめろ!」と喝を入れると、現場はたちまち笑いの渦に飲み込まれた。

今回の合コンでは、男性陣からK-1選手の小松貴哉、俳優で実業家のてんすけん、俳優の樋口拓海、ピン芸人・Yes!アキト(以下、アキト)。女性陣からグラビアアイドルの瀬戸なみ、野田すみれ、大塚杏奈、美月千佳が登場。なかでもMCの2人は、男性陣の中でもひと際目を引く小松に注目すると、爽やかすぎる小松の風貌に対し、冒頭から「なんかスマート!」「格闘家で顔が叩かれてない感じってスゴイね!」「イケメンですね…」と称賛の声を贈った。

また、その後に小松が、自己紹介や女性陣との2ショットで緊張のあまりしどろもどろになってしまった際には、見た目とは裏腹に最年少らしく初々しい姿を見せた小松に対し、ヒロミは「テンパってるね。かわいい(笑)」とべた褒め。親のような目線で頬を緩め、現場の笑いを誘った。

しかしその一方で、小松が第一印象・第二印象ともに“気になる相手”とした美月の前だけでは、「気になる人いますか?」「結構美月さん良い。マジで一番最初の第一印象から美月さんです。第二印象でも、大人っぽい感じとか、しゃべったら面白いんだろうなと思ってました!」など男らしく攻めこむと、ヒロミは嬉しそうに「これで女心動くかな?」と感心した表情を見せた。果たして、ヒロミが大絶賛した小松の恋の行方とは…!?

また放送内では、ヒロミと指原が、R-1グランプリのファイナリストであるアキトの恋の行方に注目。そして、アキトが、初めの第一印象で意中の相手である大塚と両想いとなり、その後の2ショットで積極的に「俺、パンちゃんと喋りたい!」と声をかけた際には、大胆な行動に出るアキトに、MCの2人は「男らしい!」とくぎ付けに。

また、アキトが会話をリードしながら、大塚とお互いの呼び方を決めたり、共通の話題で盛り上がると、思わず「すごい!こんなに気が合うと思ってなかった…」とつぶやいた大塚は、その流れで「実は第一印象で選んでいたんです」と大胆に告白。アキトを驚かせた。

しかし、そんな大塚の告白を受けたアキトも、その後自ら「あの…第一印象で選んでたんです…」と告白し大塚を驚かせると、大塚は「ここ固定でいいですね」「これは意識しちゃいます。もう(合コン)終わりで…」と畳みかけ、アキトを喜ばせた。

そんななか、あまりにも良い感じの雰囲気を醸し出す2人の空気感に対し、ヒロミが思わず「なんか…恋の始まりみたい(笑)」と声を上げると、これを聞いていた指原も「なんかね!なんかウズウズする…(笑)」と同調。興奮した様子を見せた。

合コンの模様は、「ABEMA」にて配信後1週間無料で視聴可能だ。なお、番組の最後には、合コン後に行われた女子だけの本音トークも視聴できる。

【あわせて読む】指原莉乃、4年付き合っている彼女からの同棲を断る彼氏に怒り心頭「私はおすすめしません」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加