森喜朗氏 コロナ禍五輪に明かした葛藤「内心もしかしたらの思い、ないわけではない」

森喜朗氏 コロナ禍五輪に明かした葛藤「内心もしかしたらの思い、ないわけではない」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/01/14
No image

職員に向け年頭あいさつを行う東京五輪・パラリンピック大会組織委の森喜朗会長(代表撮影)

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)が12日、都内で行われた組織委職員への年頭あいさつと講演会に出席し、東京五輪への決意を語った。新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、緊急事態宣言の真っただ中。世論調査では今年の開催に否定的な声が8割を占めるなど、逆風が吹く中だが「私がここで考え込んだり、迷ったりすれば、すべてに影響する。あくまで進める」と、強調。一方で「私の立場で今年難しいとは口が裂けても言えない」と葛藤もにじませた。

開催に自信をみせる森会長には批判も集中。この日、自嘲気味に笑いながら「うちの家内がスマホばかりみているんですが、私の悪口ばかりだったそうです。『森は何を考えているのか、バカじゃないか』と。菅さん以上に悪口ばかり。もうすぐ84になるが、こんなのは長い人生で初めて。森内閣でもこんなに酷くなかった」と明かした。

先週末に行われた複数の世論調査で、中止と再延期の今年の開催に否定的な意見が8割を占めた。会長自身にも葛藤がないわけではないようだ。組織委設立から今年で7年。毎年年頭あいさつを行ってきたが「この新年のあいさつが最後のあいさつになることを期待しなければならない」と話し、午後に行われた講演会では「実は内心は、もしかしたらという思いが、ないわけではない」と、ポツリと言った。

それでも「私の立場では、今年難しいとは口が裂けても言えない。言えば、夕方のニュースから明日の朝刊に、“弱気”“難色”って出るだろう。ここで我々がためらったり、怯(ひる)んだり、ちゅうちょしたりすれば、全職員に影響する。全世界がそういう動きになってしまう」と、自戒するように話した。

世論調査で45%を占め、トップだった再延期の可能性は「絶対に不可能だ」と否定。「お金の問題ではない」とし、開催準備にあたる組織委職員の多くが都などからの出向で、さらに延ばすのは困難だと指摘した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加