【修斗】メインは元DEEP二階級王者・大塚隆史vs.環太平洋王者・安藤達也、セミは清水清隆vs.平良達郎のバンタム級マッチ=1.23 後楽園・全試合順決定

【修斗】メインは元DEEP二階級王者・大塚隆史vs.環太平洋王者・安藤達也、セミは清水清隆vs.平良達郎のバンタム級マッチ=1.23 後楽園・全試合順決定

  • ゴング格闘技
  • 更新日:2020/11/21
No image

2020年11月23日(月/祝)、後楽園ホールにて開催される、サステイン主催「ロフェッショナル修斗公式戦「PROFESSIONAL SHOOTO2020 Vol.7 Supported by ONE Championship」の全試合順が発表された。

メインイベントは、DEEPバンタム級&フェザー級の二階級を制し、ジャパニーズMMA軽量級の顔として活躍してきた大塚隆史(T-GRIP TOKYO)と、現環太平洋バンタム級王者・安藤達也(フリー)が対戦する。

No image

レスリングをベースに、2006年のプロデビュー以来、DREAM、RIZIN、WSOF GC等、国内外様々なプロモーションでキャリアを積んできた大塚が新たなる戦場として選んだのが修斗。現在、バンタム級は世界王者・佐藤将光、暫定王者・岡田遼、そして環太平洋王者“怪物”安藤達也を筆頭に過去にないほどの群雄割拠を極めている。

そこにDEEP生え抜き選手として活躍してきた大塚隆史が電撃参戦する。かつては過激な言動で注目を集めた大塚だが、その歯に衣を着せないコメントは健在。今回も、「修斗のバンタム級に喧嘩売りにきました、元DEEP王者の大塚です。修斗のベルトをもらいにきました。バンタム級の皆さん、どうぞこの喧嘩、買って下さい。以上!」と、堂々と闘争宣言。40戦を越えた国内屈指の実力者が修斗バンタム級に殴り込みを掛ける。

その大塚の喧嘩を真っ先に買ったのが“怪物”安藤達也だ。卓越したレスリングスキルに加え、野性味溢れるファイトスタイルが信条の安藤は、2020年8月に“天才”田丸匠(NASCEL DO SOL)をKOで下し、環太平洋王者に就いたばかり。そのポテンシャルの高さを更に進化させた“怪物”安藤が王者として“修斗史上最強の外敵”大塚隆史の前に立ちはだかるか。ともにレスリングベースながら、パワフルな安藤に対し、大塚はケージレスリングの動きに長けている。組み際の打撃にも注目のバンタム級戦だ。

No image

(C)SUSUMU NAGAO/SUSTAIN

セミファイナルは、清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A.)vs.平良達郎(THEパラエストラ沖縄)の「バンタム級」に決定。

当初、このカードは青木真也が現在の格闘技シーンに更なる光を当てるため自身が企画・プランニングするABEMAの番組「AOKI PROJECT」で“今一番見たい対戦カード”として3月21日の後楽園ホール大会でマッチメイクされた一戦だった。

しかし、新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言の為、3月大会が中止に。8カ月の月日を経て、今大会で、1階級上の当日計量にて実現する。

清水は、コロナ禍の真っ只中に行われた5月のプロ修斗無観客大会に出場し、小堀貴広(ゴンズジム)に2R KO勝ち。7月にはグラップリング大会「GTF.4」-60kgトーナメントにも出場し、グラップリング専門職を相手に決勝進出を果たしている。

PANCRASE在籍時には5度の王座防衛記録を持つフライ級屈指の実力者は、2019年5月には扇久保博正の持つ世界バンタム級王座に挑戦するも偶発的なバッティングにより、4Rテクニカル判定負け。しかし、ONE両国大会の修斗vsPANCRASE前哨戦として行われた9月の「Road to ONE CENTURY」では、PANCRASE4位の秋葉大樹を1R2分15秒、左ジャブでKOに下し見事復活。前田吉朗、石井逸人、ショージン・ミキを全て1R KO・TKOに葬り去りっているパンチ力は健在だ。

40戦を超えた今、正にキャリアの頂点を迎えようとしているTRIBE TOKYO M.M.A.のベテランは、試合決定に「対戦相手に対して特にありません。コロナ禍の状況で試合を組んでくださった方々、応援してくださる方々に応えて必勝します」とSNSに意気込みを記している。

No image

対するTHEパラエストラ沖縄所属の平良は、アマチュア修斗から現在まで無敗の快進撃を続ける注目の新世代のトップ選手。

元世界王者“修斗ジャンキー”松根良太に育てられた平良は“打・投・極”のトータルバランスに優れた新世代のファイターで、同級には師匠・松根の弟弟子、絶対王者・扇久保博正(パラエストラ松戸)が君臨しており、扇久保に続く次世代のエースとしての期待も高まる。

修斗では大竹陽(1R 三角絞め)、親川龍(1R ギロチンチョーク)、関口祐冬(判定)、大翔(1R KO)に勝利し、聖地・後楽園ホール初登場となった2020年1月の開幕戦では、ONE Championshipでも多くの世界王者を輩出しているチーム・ラカイのジャレッド・ライアン・アルマザン(フィリピン)を一方的な内容で2R KO、プロ6戦無敗をマークした。

10カ月ぶりの試合に向け平良は、「試合決まりました。常に全力で。応援宜しくお願いします!」と投稿している。

清水清隆が平良を返り討ちにするのか。それともプロアマ通して無敗の快進撃を続け、今最も注目されている新世代の平良達郎が世代交代を果たすのか。マッチメーク当時、青木真也は、「清水さんと平良さんを組み合わせたのは、平良さんは今いい時だし、清水さんは紆余曲折を経てここまで来ている。そういうものをぶつけ合えるのは価値があると思う」と語っている。

プロフェッショナル修斗公式戦

PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.7 Supported by ONE Championship
2020年11月23日(月/祝)後楽園ホール
[開場]17:15[開始]18:00

No image

▼メインイベント 第7試合 フェザー級 5分3R
安藤達也(環太平洋バンタム級王者/フリー)
大塚隆史(T-GRIP TOKYO)
元DEEPバンタム級&フェザー級王者
WSOF GCバンタム級王座

▼セミファイナル 第6試合 バンタム級 5分3R
清水清隆(世界フライ級1位/TRIBE TOKYO M.M.A.)
平良達郎(世界フライ級3位/THEパラエストラ沖縄)

▼第5試合 フェザー級 5分3R
石橋佳大(ZEEKジム)※元環太平洋バンタム級王者
論田愛空隆(心技館)

▼第4試合 フライ級 5分3R
黒澤亮平(パラエストラ松戸)※元世界ストロー級王者
マッチョ ザ バタフライ(総合格闘技道場コブラ会)

▼第3試合 女子51kg契約 5分3R
杉本 恵(世界スーパーアトム級3位/AACC)
SARAMI(パンクラスイズム横浜)

▼第2試合 インフィニティリーグ2020 フェザー級5分2R
よしずみ(勝ち点3/HAGANE GYM)
一條貴洋(勝ち点0/ブレイブハート)

▼第1試合 フライ級 5分2R
新井 丈(キングダム立川コロッセオ)
津村有哉(リバーサルジム新宿me.we)

プロフェッショナル修斗公式戦・大阪大会

PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.8 最終戦 in OSAKA Supported by ONE Championship
2020年12月20日(日)メルパルクホールOSAKA
[開場]16:00[開始]16:30
※大会前13時より「TTFCHALLENGE09」開催。

※画像追加カード

▼環太平洋ライト級チャンピオン決定戦 5分3R
田中 有(同級1位/リライアブル)
キャプテン☆アフリカ(同級2位/総合格闘技道場コブラ会)

▼フェザー級 5分3R
田丸 匠(世界バンタム級3位/NASCER DO SOL)
ダイキ・ライトイヤー(修斗GYM神戸)

No image

▼フライ級 5分3R
田上こゆる(世界ストロー級7位/BLOWS)
永井美自戒(総合格闘技道場コブラ会)

鋭い蹴りと倒せるパンチ力。デビュー以来3連勝で18歳ながらストロー級世界ランキングに名を連ねる田上こゆる(BLOWS)が今年度最終戦となる大阪大会に出場することとなった。

対戦相手はキャリアで大きく上回るグラップラータイプの永井美自戒(総合格闘技道場コブラ会)に決定。

田上は前戦で永井と同じくサウスポーで執拗にテイクダウンを狙う楳沢を右ストレートでKOしており、当たれば倒せるパンチ力を持っている事を立証済み。同じくテイクダウンを戦術にしている永井だが、楳沢よりスタンドでの手数が多い為、上下に散らされた時の田上の対応力を見てみたい。

打ち合いの中からテイクダウンを奪いグランドのキープ力にも優れいる永井だが“ストロー級最恐の拳”と言われている猿丸ジュンジと対戦した際には打撃を被弾せずに判定までもつれ込んでおり、パンチを殺すテクニックと打たれ強さも兼ね備えている事が伺える。試合の度にスキルアップを続け無敗の快進撃を続ける田上に意外な難敵が立ち塞がった。

▼女子51kg契約 5分2R
中村未来(女子スーパーアトム級4位/マルスジム)
古澤みゆき(総合格闘技道場BURST)

No image

世界王者“女王”黒部三奈の誕生で盛り上がりを見せている女子の試合が大阪大会でも決定。コロナ禍の中、来日不可能となった韓国のイ・イェジの代役としてスーパーアトム級世界王者決定トーナメントに出場することになった“北のストライカー”中村未来(マルスジム)だが、蓋を開けてみればトーナメントの中で最も成長を遂げたのが中村だった。トーナメントの後も9月の渋谷O-EAST大会で永尾音羽を撃破し、倒れても寝技で対処でき打撃と組みのバランスが取れたトータルファイターに変貌を遂げた。

中村の対戦相手となるのがジョシカクのパイオニアとして現役当時はP4P(パウンド・フォー・パウンド)で世界1位にもなっている藤井恵に師事する古澤みゆき(総合格闘技道場BURST)。実はこの両者は2018年12月に札幌で行われた『GRACHAN』で対戦しており、MMAデビュー戦だった中村を古澤が貫禄の一本勝ちで下している。今回は戦いの舞台を北から西へ場所を移しての再戦となった。中村が2年越しの雪辱を果たすのか?古澤がバッサリと返り討ちにするか? ストライキングに長けた両者だけに激しい打撃戦が期待される。

▼73kg契約 5分2R
林RICE陽太(パラエストラ東大阪)
西川大和(西川道場)

▼全日本新空手道連盟提供試合
キックボクシングルール 55kg契約 3分3R
有井渚海(及川道場)
内藤啓人(BELLWOOD FIGHT TEAM)

ゴング格闘技

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加