彼岸の中日 墓参りで先祖をしのぶ

彼岸の中日 墓参りで先祖をしのぶ

  • テレビ西日本
  • 更新日:2022/09/23
No image

テレビ西日本

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

23日は彼岸の中日です。福岡県内の霊園には多くの家族連れなどが訪れ先祖の墓前で手を合わせていました。

約7200基の墓がある福岡県新宮町の新宮霊園には、午前中から花や水おけを手にした多くの家族連れの姿が見られました。

新型コロナの感染状況が落ち着き久々に墓参りに訪れた人もいて、墓の周りを掃除して墓石に水をかけたあと、花や線香を供えて先祖の霊を供養していました。

墓参者「おじいちゃんとおばあちゃんが天国で仲良く暮らしてほしい」

墓参者「先祖が守ってくれているおかげで、自分たちが普通に生活ができているので、先祖を敬わないといけない」

新宮霊園では、彼岸の中日となる23日が最も墓参りをする人が多くなると見込んでいます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加