法人最大60万円 個人事業者最大30万円 酒類販売業者に初の県独自支援【岡山】

法人最大60万円 個人事業者最大30万円 酒類販売業者に初の県独自支援【岡山】

  • OHK岡山放送
  • 更新日:2021/09/15
No image

岡山放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

岡山県は、飲食店への要請で酒が提供できなくなり打撃を受けた酒造メーカーや酒類の販売業者に対し、初めて県独自で支援を行うと発表しました。

岡山県は、「まん延防止等重点措置」などで、飲食店に酒類の提供停止が要請されたことを受け、売上が落ち込んだ酒造メーカーや卸売・小売業者などに支援金を支給します。

売上が50%以下に落ち込んだ業者が申請できる国の支援金に、県が独自に上乗せするものです。

8月と9月の売上減少額に応じて、法人に最大60万円、個人事業者に最大30万円が支給され、申請は10月下旬から始まります。

(岡山県 伊原木隆太知事)

「商売に悪影響を与えているのは事実。我々としては極力公平に打撃を受けている事業者を支援していかなければならない」

酒類販売業者への支援金3億円を盛り込んだ、一般会計で約176億円の補正予算案は、開会中の9月定例県議会で追加提案されます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加