ベントレー コンチネンタルGT に659馬力の「マリナーW12」、まもなく発表へ

ベントレー コンチネンタルGT に659馬力の「マリナーW12」、まもなく発表へ

  • レスポンス
  • 更新日:2022/06/25
No image

ベントレー・コンチネンタル GT マリナーW12

もっと画像を見る

ベントレー(Bentley)は6月22日、英国で6月23日に開幕する「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、『コンチネンタルGTマリナーW12』を初公開すると発表した。

日産 リーフ 、内外装をリフレッシュ...2023年型を米国発売

同車は、ベントレーの「コンチネンタル」シリーズと2ドアグランドツアラーの頂点に立つモデルだ。W12エンジンと「GTスピード」と共通のシャシーに改良を加え、これまでで最もパワフルかつ速く、最もダイナミックで、ラグジュアリーな『コンチネンタルGT』として登場した。

コンチネンタルGTマリナーW12には、直噴6.0リットルW12気筒ガソリンターボ「TSI」エンジンを改良して搭載する。最大出力は、標準モデルのW12エンジンより24ps高い659psを獲得する。最大トルクは91.8kgmに据え置かれた。0~100km/h加速は3.6秒と、0.1秒短縮。最高速は335km/hに到達する。

日産『シルビア』が初代デザインのBEVで復活!? 2024年発売の可能性

トヨタ RAV4、デジタルコックピット採用...2023年型を欧州で先行発表

メルセデスベンツの次世代EV、航続1200km以上を達成...公道走行14時間

森脇稔

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加