「二度としません、賭けてもいいです」黒川検事長に聞かせたい蛭子能収の迷言

「二度としません、賭けてもいいです」黒川検事長に聞かせたい蛭子能収の迷言

  • 日刊サイゾー
  • 更新日:2020/05/26

東京高検の黒川弘務検事長が賭け麻雀問題で辞職した。 スクープした「週刊文春」(文藝春秋)によると、黒川氏は緊急事態宣言下の5月上旬に産経新聞の番記者2名、朝日新聞の元検察担当の男性と賭け麻雀に興じていたという。レートは1,000点100円のいわゆる「テンピン」。これを受け、黒川氏には訓告処分が下ったが、退職金7,000万円は満額支払われる見込みで、ネット上で批判を呼んでいる。 とりわけ、ネット

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加