大人が久しぶりに着る「Vネックニット」の正解は?

大人が久しぶりに着る「Vネックニット」の正解は?

  • WEB UOMO
  • 更新日:2022/01/15

近年のテックウェア流行りの反動を受けて、再びオーセンティックで懐かしい服が人気を呼んでいる。ただ、何を選んでもいいわけじゃない。今の気分をうまく取り入れたアイテムを選ぶのがポイントだ。

◆【大人の極上黒ニット】大人気コラボ第3弾! ロンT以上、スウェット未満のシルクカシミヤ製「ボーディ×グラフペーパー」

ツヤっぽく見せたくないから、 やや厚手なニットを

No image

AHEUGN

イタリア産の太番手のカシミヤを100%使用、シェットランド風に編み立てた一枚。厚みのある首のリブは、単調に見えやすい黒いニットに立体感を生む。¥74,800/ユーゲン(イデアス)

BThe CLASIK

ザ・クラシックのVネックニットは、ウール、カシミヤ、シルクの3種類の糸を混ぜて作られたワッフル地が特徴。袖先のラインも含め、一枚でも主役になれる存在感がある。¥53,900/ザ・クラシック

CBATONER

メリノウールを独自の工程で紡ぎ、編み上げることで、フリースのような柔らかさを引き出している。茶色でも渋すぎない佇まいなので着やすい。¥30,800/バトナー

ニットに関するおすすめ記事はコレ!

◆ふわふわな癒しの一着をワードローブに。この冬大人が着るべきモヘアニット4選
◆人気再燃って本当? この冬、大人が着るべき「ノルディックニット」3選

掲載アイテムの問い合わせ先はこちら

Photos:Yoshio Kato
Stylist:Takeshi Toyoshima

亜矢子眞仲

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加