鹿島、3発快勝で公式戦7試合無敗! 横浜FCの今季リーグ戦初勝利を許さず

鹿島、3発快勝で公式戦7試合無敗! 横浜FCの今季リーグ戦初勝利を許さず

  • サッカーキング
  • 更新日:2021/05/01
No image

鹿島が白崎の得点などで横浜FCに勝利した [写真]=J.LEAGUE

1日、明治安田生命J1リーグ第12節で横浜FCと鹿島アントラーズが対戦した。

ホームの横浜FCは直近のルヴァン杯で公式戦2勝目を挙げたものの、リーグ戦では未だ勝利なし。今シーズンのリーグ初勝利をかけて、『ニッパツ三ツ沢球技場』での戦いに挑む。一方の鹿島は直近の公式戦6試合で3勝3分と、無敗を維持。FWエヴェラウドとFW上田綺世というストライカーが欠場する中、どのように攻撃を形成するのかも注目された。

先制したのは鹿島だった。12分、敵陣深く右サイドからDF常本佳吾がクロスを供給すると、これに反応したMF荒木遼太郎がシュート。これは相手DFに防がれるものの、バウンドしたボールをFW白崎凌兵がヘディングでボールをゴールへと押し込んだ。鹿島がリードを奪う。

ペースを掴んだ鹿島はその後も効果的に攻撃を展開。すると前半アディショナルタイム、敵陣ペナルティエリア左へ進入しドリブルで仕掛けた荒木がPKを獲得。MF土居聖真の蹴ったボールは一度GK六反勇治が防いだが、再び土居がゴールへ押し込み2点目を記録した。試合は0ー2でハーフタイムを迎える。

迎えた後半は、互いに一進一退の攻防。ゴール前へ攻め込むも、なかなかチャンスを生み出すことができない。横浜FCは64分にFWクレーべのパスを受けたMF松尾佑介が、敵陣ペナルティエリア手前からダイレクトでミドルシュート。しかしこれはバーを叩き、得点には至らない。

鹿島は79分、右CKからDF犬飼智也がヘディングシュートを放つも、これは六反が好セーブ。それでもその直後、今度は左CKから荒木が上げたボールをDF町田浩樹がヘディングでたたき込んだ。スコアは0ー3となる。

結局試合はこのまま終了。勝利を収めた鹿島は、これで公式戦7試合負けなし。一方の横浜FCは今節も勝利を逃す結果となった。

【スコア】
横浜FC 0ー3 鹿島アントラーズ

【得点者】
0ー1 12分 白崎凌兵(鹿島アントラーズ)
0ー2 45+2分 土居聖真(鹿島アントラーズ)
0ー3 80分 町田浩樹(鹿島アントラーズ)

サッカーキング

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加