台風14号で被災したリンゴを地元企業が受け入れへ 農家「本当にありがたい」 長野

台風14号で被災したリンゴを地元企業が受け入れへ 農家「本当にありがたい」 長野

  • SBC NEWS
  • 更新日:2022/09/23
No image

台風14号で被害を受けたリンゴを活用しようと、
長野県高森町の企業が廃棄予定だったリンゴを受け入れることになりました。

松川町の北沢章(きたざわしょう)さんの畑でけさから行われた仕分け作業。

コンテナに積まれていたのは、
今月20日、台風14号の強風で被害を受けたリンゴです。

北沢さんの畑では収穫間際だったシナノスイートやふじなど、
およそ400本のリンゴの木が倒れました。

被害にあった6トン余りのリンゴは廃棄処分する予定でしたが、
土産品などを扱う地元企業の「マツザワ」が、
加工用に受け入れることになりました。

北沢さんは「特にふじは成熟期になっておらず、
捨てるしかないかなと思っていたので本当にありがたい」と話しています。

リンゴは、ドライフルーツやアップルパイの材料として使われるということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加