開幕直前!! 北京2022 冬季オリンピックの公式計時を担う【オメガ(OMEGA)】が「シーマスター アクアテラ」の記念モデルをリリース

開幕直前!! 北京2022 冬季オリンピックの公式計時を担う【オメガ(OMEGA)】が「シーマスター アクアテラ」の記念モデルをリリース

  • WATCHNAVI Salon
  • 更新日:2022/01/18

2022年2月4日から中国で開催予定の「冬季オリンピック 北京2022」において、スイスの高級時計ブランド【オメガ(OMEGA)】は全種目のオフィシャルタイムキーパーを務める。1932年開催の第10回ロサンゼルス大会で初めて公式計時に就いて以来、30回目の重責を担うのだ。そんなオメガは、開幕までおよそ3週間となった今大会を記念する新作「シーマスター アクアテラ 北京2022」を発表した。価格は72万6000円。

No image

「氷」から着想を得たフロスト加工のダイアルで冬季五輪を表現

本機で最も注目すべきディテールが、ホワイトセラミック製ダイアルである。雪のような純白のカラーに仕上げており、表面にはフロストフィニッシュパターンを施す。この極めて細かな凹凸で氷の世界を表現。クールでエレガントな“表情”を創出した。ブルーのインデックスと針には、ホワイト色のスーパールミノバ夜光を塗布。暗所でも確実に時刻が読み取れる。そしてアクセントとして、モデル名「Seamaster」とミニッツトラック上にある15・30・45・60のクォーターナンバーを赤としている。

No image

ハイパフォーマンスを支える自社製ムーブメント「キャリバー8900」

オメガらしく、メカのパフォーマンスにもこだわる。自社製造のコーアクシャル マスター クロノメーター ムーブメント「キャリバー8900」を搭載。スイス連邦計量・認定局(METAS)が規定する厳格なテストをクリアしており、高精度であるだけでなく耐磁性や耐久性における業界最高基準を満たしている。とりわけ耐磁スペックについては、一般的な強化耐磁ウオッチが約1万6000A/m(200ガウス)であるのに対し、マスター クロノメーター認定モデルは1万5000ガウスという断トツの数値。自らに厳しい基準を設け、その課題に向かって果敢に挑戦するオメガを象徴する機能といえる。それはまさに、オリンピックで頂点に立つため不断の努力を続ける超人的なアスリートの精神に通じるものと言えよう。

No image

オメガ「シーマスター アクアテラ 北京2022」Ref.522.10.41.21.04.001 72万6000円/自動巻き(自社製Cal.8900)、毎時2万5200振動、60時間パワーリザーブ。ステンレススチールケース&ブレスレット、両面に無反射加工を施したドーム型強化サファイアガラス風防。直径41mm(厚さ13.38mm)。150m防水。

問い合わせ先:オメガお客様センター TEL.03-5952-4400 https://www.omegawatches.jp/

Text/内山裕太郎

WATCHNAVI編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加