「川島の愛を感じる...」鷹グラシアル、バレ羽交い絞めのKOパフォにファン歓喜

「川島の愛を感じる...」鷹グラシアル、バレ羽交い絞めのKOパフォにファン歓喜

  • フルカウント
  • 更新日:2020/10/17
No image

10号ソロを放ったグラシアル(右)とバレンティン【画像:パーソル パ・リーグTV】

川島がベンチでバレンティンを羽交い絞め、グラシアルはKOパフォーマンスを…

■ソフトバンク 5-0 楽天(17日・PayPayドーム)

ソフトバンクは17日、本拠地PayPayドームで行われた楽天戦を5-0で快勝し7連勝。2位ロッテとのゲーム差を4.5に広げた。先発の東浜が7回無失点の好投、打線も7安打5得点と効率よく投打が噛み合っての快勝劇。グラシアルの一発ではバレンティンがパフォーマンスの餌食になるなどチームの雰囲気も最高潮だった。

1点リードの4回。グラシアルは左中間へ貴重な追加点となる10号ソロを放った。本塁打を放った際はKOパフォーマンスで高谷らナインを“ボコボコ”にするのがお決まりだが、ベンチでは川島がバレンティンを羽交い絞めにして待機。観念したのかバレンティンも覚悟を決め、戻ってきたグラシアルの“連打”を受けKOパフォーマンスの餌食となった。

川島、バレンティン、グラシアルの“共同作業”を「パーソル パ・リーグTV」も「グラシアル『バレンティンを衝撃KO』」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「バレンティンが楽しそう」「慶三さんがホークスにいてくれて本当に良かった」「次はバレがグラシアルを殴る番だね」「川島の愛をすごく感じる」「わちゃわちゃしてるベンチ面白すぎる」と、ホークスベンチの雰囲気の良さを大絶賛していた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加