トレンドマイクロ、5G/ローカル5G環境を保護する新しいセキュリティ製品

トレンドマイクロ、5G/ローカル5G環境を保護する新しいセキュリティ製品

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/04/08
No image

トレンドマイクロは4月8日、5G/ローカル5G向けセキュリティソリューション「Trend Micro Mobile Network Security(以下、TMMNS)」を発表した。4月15日から提供開始する。

トレンドマイクロ、2020年のサイバー攻撃に関するレポートを公開

TMMNSは、IoTデバイスに搭載されるSIMカード内で動作するエンドポイントセキュリティ「TMMNS Endpoint Protection」と、5Gシステムの通信経路上で動作するネットワークセキュリティ「TMMNS Network Protection」で構成され、サイバー攻撃から5G/ローカル5G環境を保護するセキュリティ製品。

TMMNS Endpoint Protectionは、SIMカードにJavaアプレットとして搭載されたセキュリティソフトが、IMEIとIMSIの組み合わせを照合し、5G環境に接続されるIoTデバイスの真正性をチェックする。

TMMNS Network Protectionは、5Gシステムの通信経路上に配置することで通信状況の可視化に加え、IoTデバイスの脆弱性を悪用する攻撃をブロックする侵入防御(IPS/IDS)、不正なWebサイトへのアクセスをブロックするWeb脅威対策、IoTデバイスからの異常通信をブロックする異常通信検知などを提供する。

これらを連携させることで、IoTデバイスのセキュリティ状態を常にチェックし、不正もしくは不審な通信が発信された場合、その通信の影響度に応じて柔軟な制御を行うゼロトラストを実現するという。

具体的には、影響度が少ない場合はネットワーク側で不正/不審な通信のみや特定の通信のみをブロックし、正常な通信はブロックしないため、ミッションクリティカルな環境を停止させないという。
セキュリティの影響度が高い場合は通信元のIoTデバイスをネットワークから隔離し、当該IoTデバイスからすべての通信を遮断することもできるということだ。

TMMNSは、通信事業者やシステムインテグレータ、サービスプロバイダーなどを対象に提供され、価格は個別見積もり。

早川厚志

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加