【桜花賞】メイケイエールあっさり先着 新コンビ横山典背に頂点へ

【桜花賞】メイケイエールあっさり先着 新コンビ横山典背に頂点へ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/08
No image

武英師を背に軽快な動きを見せたメイケイエール(撮影・石湯恒介)

「桜花賞・G1」(11日、阪神)

メイケイエールは7日、栗東CWで僚馬2頭を目標にする形でスタートを切ると、直線では鋭い動きを披露してあっさりとかわした。4F51秒0-37秒3-12秒1。自らまたがった武英師は「前走は休み明けの感じがありましたが、ガス抜きができて、体調も良くなってきました」と好感触。「先週の段階でいつでも競馬できる仕上がりになっていましたが、G1なので、きっちり、緩めずやってきました。ひいき目は入っているかもしれませんが、抜けた存在ではないかと思っています」と自信をのぞかせた。

デビュー戦からここまで、まともに折り合った競馬は一度もない。前走のチューリップ賞でも、口を割って鞍上と大げんかしながらも1着同着をもぎ取った。今回は矯正馬具を全て外すという。指揮官は「リセットして、気分良くスピードを生かす。逆に何もいらないのではと」と意図を説明。課題の気性面さえクリアすれば、結果はおのずとついてくる。負傷した武豊に代わり、初コンビとなるベテラン横山典を背に頂点を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加