【危険な人気馬】東京11R ダノンザキッド

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/11/22

【東京9R・オメガエリタージュ】2走前の追い込み一気は鮮やかには見えたが、レースの上がり3Fが38秒1もかかったもの。展開が向いた印象は否めない。昇級戦の前走は8着に完敗。今回も狙いが立たない。

【東京10R・キタノオクトパス】前走後は熱発の影響で、追い切り時計を出さなかった週がある。能力は認めても、中間に一頓挫があった影響は少なからずあるとみるべきだ。順調さを欠いた今回は割り引いて考えたい。

【東京11R・ダノンザキッド】初戦は直線入り口で内へササるしぐさを見せていた。左手前に変えて修正できたが、操縦性という点で付け入る隙はありそうだ。左回りの府中で、思わぬもろさを露呈するシーンも。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加