オミクロン株対応ワクチン接種等呼びかけ...三重県が独自の『感染防止行動徹底アラート』病床使用率高止まりで

オミクロン株対応ワクチン接種等呼びかけ...三重県が独自の『感染防止行動徹底アラート』病床使用率高止まりで

  • 東海テレビ
  • 更新日:2022/11/25
No image

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

新型コロナ患者の病床使用率の高止まりが続く三重県は、独自の「感染防止行動徹底アラート」を発出しました。

一見三重県知事:

「入院や手術の延期なども出てくる可能性があるので、これ以上市中で感染を増やさないようにしていただきたい」

三重県の一見知事は、病床使用率が40%を超えることが常態化し、医療体制がひっ迫する恐れがあるとしていて、このアラートではオミクロン株対応ワクチンの早期接種や、換気など感染対策の徹底を呼びかけます。

また県は、現在の確保病床を12月6日までに84床増やすことも決めています。

東海テレビ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加