ペイペイドームにできる「ラグジュアリー」席とは? 年間指定席限定

ペイペイドームにできる「ラグジュアリー」席とは? 年間指定席限定

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/11/20
No image

福岡ソフトバンクが来季、本拠地ペイペイドームの三塁側内野席に「ホークスラグジュアリーシート」を新設する。

球団によると通常の内野席と異なり背もたれ、座面ともクッションが施され、座席の横幅も52センチで通常の内野席より10パーセント以上広いのが特長。また「ホークスラグジュアリーシート プラス」にはサイドテーブルも付く。

1試合にドリンク券1枚が付き、ソフトドリンクかビールと交換できる。年間指定席としてのみ販売。価格は座席の位置によって異なる。

なおソフトバンクは来季から年間指定席のチケットを電子化。席を利用しない日は、球団の公式チケットサイトで販売することができるようになる。

年間指定席の申し込みは21日から。申し込み方法、特典など詳細は特設サイト(https://www.softbankhawks.co.jp/ticket/seasonseat/index.html)で。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加