隅田知一郎投手「ライオンズのエースに」 GMらが指名あいさつ

隅田知一郎投手「ライオンズのエースに」 GMらが指名あいさつ

  • 毎日新聞
  • 更新日:2021/10/14
No image

1位指名のあいさつを終え、隅田知一郎投手(右)に西武の帽子をかぶせる渡辺久信ゼネラルマネジャー=福岡県苅田町新津の西日本工大で2021年10月14日午前11時11分、松本昌樹撮影

11日のプロ野球ドラフト会議で4球団競合の末、大学球界屈指の左腕、西日本工大・隅田知一郎(ちひろ)投手(22)を1位指名した埼玉西武ライオンズの球団関係者が14日、苅田町新津の同大を訪れ、指名あいさつをした。隅田投手は「スタートラインに立った思い。ライオンズのエースと呼ばれる投手になれるよう努力を続ける」と決意を述べた。

ドラフト会議2021を振り返る

訪れたのは、飯田光男球団本部長や渡辺久信ゼネラルマネジャー(GM)ら3人。1位指名の抽選で飯田本部長が引いた「交渉権確定」の当たりくじは、辻発彦監督の「新たな夢のスタートです」とのメッセージが書き込まれ、隅田投手に贈られた。

あいさつ後の記者会見で渡辺GMは隅田投手を「高い確率でローテーションに入ってくる」と評価。「無理をせず、しっかり地道にやってほしい」とさらなる成長に期待した。【松本昌樹】

毎日新聞

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加