日産、カスタマイズモデルを紹介する特設サイト公開へ...東京オートサロン2021にもバーチャル出展

日産、カスタマイズモデルを紹介する特設サイト公開へ...東京オートサロン2021にもバーチャル出展

  • レスポンス
  • 更新日:2021/01/14
No image

NV350キャラバン オフィスポッド コンセプト

もっと画像を見る
日産自動車は、同社のカスタマイズモデルが楽しめる特設サイト「NISSAN CUSTOMIZE 2021」を1月15日から公開。同日から開催される「東京オートサロン2021バーチャルオートサロン」へも出展する。

NISSAN CUSTOMIZE 2021では、『NV350キャラバン・オフィスポッド・コンセプト』と『ノート・プレイギア・コンセプト』をはじめ、昨年7月に発表した新型クロスオーバーEV『アリア』や同年9月に公開した『フェアレディZプロトタイプ』、NISMOロードカーや「AUTECH」のコンセプトカーなど、日産のカスタマイズモデルを紹介。さらに、SUPER GT300シリーズチャンピオン車両「リアライズ 日産自動車大学校GT-R」なども見ることができる。

なお日産は、バーチャルオートサロン2021にも同様の車両を出展予定。1月15日には『キックス・オーテック』の発表も予定している。

◆NV350キャラバン オフィスポッド コンセプト

『NV350キャラバン』に、好きな場所でデスクワークができる「オフィスポッド」を組み合わせたコンセプトモデル。エクステリアは、フロント、リアのオーバーフェンダーやボディグラフィックをあしらい、オンロードもオフロードもこなせるオールラウンダーを表現した。都会ではオフィスを車内に格納してプライベートで安全な空間を、自然の中ではオフィスをバックゲートから引き出して広々とした開放的な空間を演出。また仕事の合間にはゆったりとくつろげるよう、室内からアクセスできる贅沢なルーフバルコニーを用意した。

◆ノート プレイギア コンセプト

昨年12月にフルモデルチェンジした新型『ノートe-POWER』に、スポーティで存在感のあるアクセサリーを装備したコンセプトカー。エクステリアは、スポーティなエアロと17インチアルミホイールに加え、存在感のあるルーフボックスを装着する。ボディはマットダークグレイメタリックにマットピンクゴールドのアクセントカラーを配しワンランク上のパーソナライゼーションを表現。新型ノートe-POWERをより楽しむことができる、新しい形のカスタマイズを提案する。

◆アリア

日産初のクロスオーバーEV。新開発の電動パワートレインにより、さらに進化した力強い加速と滑らかで静かな走りを実現。また、最新の運転支援機能やコンシェルジュのようにドライブをサポートするシームレスなコネクテッド技術により、ドライバーと同乗者はラウンジのような心地の良い広々とした室内で、快適なドライブを楽しめる。

◆フェアレディZプロトタイプ

50年に及ぶ歴史を持つフェアレディZの伝統と現代的な雰囲気を組み合わせた新しいスポーツカー。内外装のデザインを一新するとともに、V6ツインターボエンジンとマニュアルトランスミッションを組み合わせたパワートレインを搭載。日産では現在、新しいZの発売に向け、開発を進めている。

◆キックス オーテック

e-POWER搭載のコンパクトSUV『キックス』をベースに、さらに上質感や特別感を高めたモデル。エクステリアは、メタル調フィニッシュの専用パーツや専用デザインのアルミホイール、ブルーに輝くシグネチャーLEDとドットパターンのフォグランプフィニッシャーなどを採用し、よりスポーティなスタイルに仕上げた。インテリアは、ブルー/ブラックコンビレザレットシートや、ブルーレザレットドアトリムの採用、さらにステアリング、インストパッド、アームレストにブルーステッチを施すなど、より上質な空間に仕上げている。

◆ノート オーテック

昨年11月にフルモデルチェンジをしたコンパクトカー『ノート』をベースに、さらに高級感や特別感を高めたモデル。エクステリアは、ドットパターンのフロントグリルや専用デザインのアルミホイール、低重心とワイドスタンスを印象付けつつスポーティさを演出するメタル調フィニッシュの専用パーツ、ブルーに輝くシグネチャーLEDなどを採用し、個性豊かなスタイルに仕上げた。

インテリアは、ブルー/ブラックコンビレザレットシートや、鮮やかな木目が特徴的なダークウッド調フィニッシャーを採用。さらにステアリング、ドアトリム、アームレストにブルーステッチを施すなど、上質な素材とこだわりのディティール表現により、ワンランク上のエレガントな空間を演出している。

◆エルグランド オーテック コンセプト

『エルグランド・オーテック』は、ダーククロームフロントグリルや、メタル調フィニッシュの専用パーツを採用し、エルグランドの存在感を昇華させたオーテックのフラッグシップモデル。インテリアは、上質な本革と厚みのあるキルティングで仕立てたシートをはじめ、ステアリング、ドアトリム、シフトノブにブルーステッチを施すなど、細部にまでこだわりを尽くすことで最上の質感を追求している。

今回、このエルグランド オーテックをベースに、『GT-R』の足回りを融合した『エルグランド オーテック コンセプト』を出展。プレミアムスポーティを象徴する究極のコンセプトモデルだ。

◆NISSAN GT-R NISMO

2018年のGT3レーシングカーから使用している新型のターボチャージャーを採用し、加速レスポンスを向上させている。また、新開発の超高性能カーボンセラミックブレーキは、世界トップクラスの制動性能、サーキットにおける高Gでの効きの良さと一般道などでの低Gでのコントロール性の両立を実現。新開発のキャリパーは、世界最大級の直径410mm、さらに1000度を超える超高温でも変色しづらい高耐熱イエロー塗装を採用し、足元に新たなアクセントを与えている。

外装部品には車両重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を採用したことに加え、新開発のレカロシートなど合わせて軽量化を実現し、コーナリング性能も大きく向上させた。

◆NISSAN LEAF NISMO

電気自動車ならではのダイレクトで俊敏な加速やスムースでのびやかな走りにNISMOが磨きをかけ、新次元のスポーツドライブフィールを実現したモデル。車両全体の空気抵抗を悪化させることなくダウンフォースを向上した専用のエクステリアデザインに加え、専用サスペンション、18インチタイヤ、専用ブレーキの採用等により高い直進安定性とハンドリング性能を実現した。

さらに、より力強い加速感を楽しめるようコンピューター(VCM)を専用チューニング。特にドライブモードのBレンジでは、立ち上がりの速さをノーマルモデルの約2倍に高めている。前席にはオプションのレカロシートを装着し、EVのスポーツドライビングを楽しめるモデルに仕上げている。

◆リアライズ 日産自動車大学校 GT-R

SUPER GT 2020のGT300クラスに藤波 清斗選手とジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手が乗り込み参戦した車両。「NISSAN MECHNIC CHALLENGE」はKONDO Racing Teamに日産大学校学生・日産販売会社テクニカル スタッフもチームに加わり、日産だけの整備士人材育成プロジェクトとして活動している。2020年度はSUPER GT300への参戦2年目にして初となるシリーズチャンピオンの座を獲得した。

纐纈敏也@DAYS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加