ピクニックが“上がる”レシピ3選 ビジュアルも素敵なフルーツマリネ他

ピクニックが“上がる”レシピ3選 ビジュアルも素敵なフルーツマリネ他

  • CREA WEB
  • 更新日:2021/06/10

さわやかな初夏の風に吹かれて、心躍るピクニックへ。

せっかくなら、夢を感じるようなおしゃれな雰囲気で楽しみたい。

スタイリスト・曲田有子さんにピクニックにぴったりのレシピを聞きました。この3品があれば気分があがること間違いなし!

●フルーツマリネ

No image

ビジュアル的にもみんなのテンションが上がるフルーツマリネ。切って和えるだけなので、その場で調理してワクワク感とともに作りたてを楽しもう。

今回はスイカを使ったけれど、好きなフルーツを好きなだけ使って、自分だけの特製に仕立ててもOK。

■材料(好みの量)

・小玉スイカ:1個
・アメリカンチェリー:小1パック
・グラニュー糖:適量
・レモン:1/2個
・あればキルシュなどのリキュール:適量
・フレッシュミント、タイム:適量

■作り方

(1)スイカはくり抜き、食べやすい大きさに切る。皮は器として使う。

(2)スイカにグラニュー糖をまぶして、アメリカンチェリーとともに皮に盛り付け、レモンを搾る。好みでリキュールを振り、ハーブを添える。

●ファラフェルサンド

No image

中東の定番フード「ファラフェルサンド」が外ご馳走の主役。

ファラフェルの仕込みを前日に済ませておけば、出かける前にさっと揚げるだけ。野菜などの具材と一緒にトレーに盛って、各自でサンド&カスタマイズしよう。

■材料(4人分)

【A】
・ひよこ豆(ドライパック):150g
・コリアンダーパウダー、クミンパウダー:各小さじ1/2
・パセリ:3枝
・塩、レモン汁:各小さじ1/2
・薄力粉:大さじ1

・揚げ油:適量
・トマト:1/2個
・紫キャベツ:1/4個
・なす:1本
・油:適量

【B】
・白ワインビネガーまたはレモン汁:大さじ2
・塩:小さじ1
・オリーブオイル:大さじ4

・クミンシード:小さじ1
・ピタパン:4枚
・好みのハーブ(コリアンダー、ミントなど):適量

【タヒニソース】
・プレーンヨーグルト:80g
・白ごまペースト:30g
・レモン汁:小さじ2
・塩:小さじ1/2

■作り方

(1)【A】をフードプロセッサーに入れ、ひよこ豆の粒感が少し残るくらいまで回す(またはすり鉢でする)。10分ほど休ませる。

(2)直径2.5cmに丸め、中温に熱した油できつね色になるまで揚げる。

(3)トマトは角切り、紫キャベツは太めのせん切りにする。なすは厚さ1cmに切り、フライパンに油を入れて揚げ焼きする。

(4)【B】を混ぜ合わせて3等分し、3にそれぞれ絡める。なすはクミンシードも合わせる。

(5)ピタパンは半分に切り、2、4、ハーブと盛り合わせる。好みの量を挟み、材料を混ぜたタヒニソースをかけていただく。

●左から ハーブワイン、ハーブウォーター、モヒート

No image

簡単で今の時期にぴったりなハーブドリンク。ハーブウォーターとハーブワインは前日に仕込んでおくと、より香り高い爽快な味わいに。

ワインは安いもので十分。氷を入れた真鍮のバケツをクーラーボックス代わりにして。

【ハーブワイン】

白ワインのボトルにレモングラスやミントなど好みのハーブを詰め、ひと晩冷蔵庫に入れておく。

【ハーブウォーター】

ボトルにブラックベリーとローズマリー(好みのフルーツとハーブでも)を詰め、ミネラルウォーターやアイスティーを注ぎ、ひと晩冷蔵庫に入れておく。

【モヒート】

ボトルに、輪切りにしたライムとミントを詰め、好みの量のラムを入れ、ソーダを注ぐ。甘みが欲しければグラニュー糖を加えても。

Attention

アルコールほか、飲食の可否や火の使用については事前に公園の規定の確認を!

曲田有子(まがた ゆうこ)さん

スタイリスト。テーブルコーディネーターのクニエダヤスエ氏に師事して独立。30年近くにわたり、料理、雑貨のスタイリストとして、様々な本や雑誌、広告作りに携わる。さりげないけれど個性的なセンスが光るスタイリングに定評がある。

Text=Asami Kumasaka
Photographs=Takeharu Hioki
Styling=Yuko Magata
Cooperation=AWABEES,UTUWA

Asami Kumasaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加