猫の飼い主「あるある」が思いもよらぬ方向に 『妄想猫観察』書籍発売!

猫の飼い主「あるある」が思いもよらぬ方向に 『妄想猫観察』書籍発売!

  • マグミクス
  • 更新日:2021/11/25
No image

スマホの画像フォルダは猫だらけ 著:迷子『妄想猫観察』(KADOKAWA)より

誰も足を踏み入れたことのない、「猫妄想」の世界

気が付くと、誰も人のいない駅。漫画家の迷子先生は、そこで猫駅長に案内されます。さらに現れたのは、たくさんの猫の乗客、猫の車掌……。不思議な世界で迷ってしまった迷子先生を案内してくれたのも猫でした。

【画像】ゴム臭いので「再登場は無理」インパクト大なラテックス星人(12枚)

Webメディア「マグミクス」で連載中のエッセイ『妄想猫観察』の書籍が、KADOKAWAより2021年11月25日に発売されました。2ページのマンガと1ページのエッセイの構成で、現実世界と妄想世界の猫が描かれます。書籍化にあたり、新たに描き下ろされたマンガも15ページ収録されています。

「スマホの画像フォルダは猫だらけになってしまう」「猫のひげを拾った、ラッキー」「空き箱を放置していたら猫が入っていた」など、猫の飼い主であれば「あるある!」と感じる、愛猫との何気ない日々が描かれていると思ったのに……。読者はいつの間にか、迷子先生の描く、謎の妄想世界に連れ込まれてしまいます。

No image

著:迷子『妄想猫観察』(KADOKAWA)

書籍『妄想猫観察』について、迷子さんにお話を聞きました。

──51もの「妄想ファイル」が一冊の本になったことについて、もし愛猫が知ったとしたらどんな行動をとりそうでしょうか? 妄想をお聞かせ下さい。

迷子先生(以下、敬称略) 猫肖像権的なもので訴えられ、猫裁判で裁かれるのだと思うので、腕利きの猫弁護士を紹介してもらう必要があります。名前や写真を出していないのでたくさんのおやつで示談にしてもらうつもりです。

──51の「妄想ファイル」のなかで、連載時に強く記憶に残っているものを教えて下さい。

迷子 表紙にもなっている猫の海の話「妄想ファイル41船出」が記憶に残っています。今でもたまに猫の心音を聞こうと努力だけはしていますが、成功はしていません。

──人を好んで飼育する生き物「怪物」がTwitterに投稿された作品初めて登場した際は、読者から大きな反響がありました。「怪物」は作中に何度か登場していますが、「おもな登場人物」にいる「ラテックス星人」も今後登場の可能性がありそうでしょうか?

迷子 ゴム臭いので無理ではないでしょうか。

(マグミクス編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加