「素敵な未来切り開いて」はやぶさ2プロジェクトメンバーが地元の小学生向けて講演

「素敵な未来切り開いて」はやぶさ2プロジェクトメンバーが地元の小学生向けて講演

  • TUYテレビユー山形
  • 更新日:2023/03/19

子どもたちに宇宙への関心を高めてもらおうと、山形市できょうはやぶさ2のプロジェクトに参加した武井悠人さんの講演会が開かれました。

JAXAはやぶさ2プロジェクトチーム武井悠人さん
「夢を持って上手に扱って素敵な未来を切り開いてもらいたい。」

講演を行ったのは、JAXA「宇宙航空研究開発機構」の技術者で山形市出身の武井悠人さんです。2019年に日本の探査機「はやぶさ2」が世界で初めて小惑星の物質の採取に成功した際、武井さんは、地上の管制室から操縦の指示を送っていました。
講演会には、小学生などおよそ80人が参加し、武井さんは、当時、およそ10万回もの綿密なシミュレーションを繰り返したことなど、目標達成に向けて諦めずに行動する大切さを子どもたちに語っていました。

児童は「宇宙にはいろんな夢や人の思いがあるのだとびっくりした。」「自分も夢をみつけて武井さんみたいに世界に役立つようなことをしたいと思った。」

参加した子どもたちは、武井さんの貴重な話を熱心に聞き、自分の夢や将来の目標を考えているようでした。
このあと児童たちは、武井さんのように宇宙に向けて指示を送る苦労を知るため
図形の形を声だけで相手に伝えるゲームを行い、コミュニケーションの大切さを感じているようでた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加