プロ初先発の広島・大道 堂々の5回無安打に「出来過ぎかなと」

プロ初先発の広島・大道 堂々の5回無安打に「出来過ぎかなと」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/06/13
No image

オリックスの勝利をベンチから見つめる大道(撮影・佐々木彰尚)

「オリックス4-0広島」(11日、京セラドーム大阪)

プロ初先発となった広島のドラフト3位・大道(八戸学院大)が5回無安打無失点。「5イニング投げられると思ってなかった。出来過ぎかなと思っています」。相手先発・山本は七回まで無安打投球。球界屈指の右腕と、堂々と投げ合った。

初回は先頭・福田と3番・吉田正に四球。制球が定まらなかったものの「これを乗り切ればと思っていた」と粘った。T-岡田、安達を打ち取り、何とか無失点。二回から立ち直り、五回は3者連続三振に斬った。

制球が乱れた初回は、たまらず捕手の会沢がタイムを取ってマウンドに駆け寄った。だが二回1死で杉本に、内角直球でファウルを打たせてバットを折り「きょうの生命線が見えた」と振り返った。佐々岡監督も「すぐに修正できたのは、大したもの」と評価。次回登板には「あした、またミーティングをして考えます」と話すにとどめたが「ナイスピッチングだからね」と付け加えた。

オリックス・山本と面識はないが、同学年で「ずっと注目して見ていた投手だったので、投げ合えて勉強になった」と収穫は十分。鮮烈な印象を与えた84球は、必ず次戦につながっていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加