U-17日本高校選抜が始動。DF新谷陸斗(東山2年)「(ノルマは)無失点で抑えることと、シュートを打たせないことです」

U-17日本高校選抜が始動。DF新谷陸斗(東山2年)「(ノルマは)無失点で抑えることと、シュートを打たせないことです」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2021/11/25
No image

24日、今夏のインターハイ優秀選手や同大会で活躍した1、2年生選手を中心に構成されたU-17日本高校サッカー選抜が、Jヴィレッジ(福島)で5日間の合宿をスタートした。初日の練習後、各選手がオンラインでコメント。ビルドアップの精度や万能性の高さを特長とする東山高(京都)DF新谷陸斗(2年=レッソ大阪U-15出身)の合宿への意気込みや選手権予選の感想、ライバル視している選手は?

●DF新谷陸斗(東山高2年)

―U-17日本高校選抜に選ばれた感想を教えて下さい。

「素直に嬉しかったです」

―今回の合宿への意気込み、ノルマは?

「無失点で抑えることと、シュートを打たせないことです。ビルドアップがボクの得意なところなので、そこで点に繋げられるような、安定したビルドアップをしたいです」

―自分が誰にも負けていない、負けたくない武器、半端ないと言えるようなところは?

「身長では絶対に勝てないので、(高さで)ダメなところがあるんですけれども、ビルドアップでボクは行きたいと思っています」

―選手権予選での自分のプレーの評価を教えて下さい。

「4戦やって、決勝以外は安定してできたと思うんですけれども、決勝に関しては自分たちのパスサッカーが思うようにできなくて、少し相手が強くなるとできなくなる課題があります」

―今回の合宿メンバーや選手権出場校の選手で自分が意識している選手、ライバルと言える存在は?

「一個上になってしまうんですけれども、チェイス・アンリさん(尚志高)。身長を使った守備のところと力強いプレッシャーが(凄いので)」

―今回の合宿を選手権全国大会にどう繋げていきたい?

「レベルの高い選手が揃っているこの合宿で自分が足りないところを再確認できると思うので、そこを再確認して、チームに帰った時に他のメンバーにもプレーで伝えられるように貢献したいと思っています」

(取材・文 吉田太郎、取材協力 高体連、高校サッカー年鑑)▼関連リンク

●【特設】高校選手権2021

▶高校サッカー選手権 地区大会決勝ライブ&アーカイブ配信はこちら

Gekisaka

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加