広島・大瀬良 CS遠のく今季最短2回KO...初回に一挙4失点 3回から遠藤にマウンド譲る

広島・大瀬良 CS遠のく今季最短2回KO...初回に一挙4失点 3回から遠藤にマウンド譲る

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2022/09/24

◇セ・リーグ 広島―阪神(2022年9月23日 マツダ)

No image

<神・広>初回1死二塁、大瀬良は原口に2ランを打たれる(撮影・大森 寛明)

広島・大瀬良大地投手(31)が今季最短の2回5安打4失点で降板した。

初回先頭の中野に左前打を許すと、1死後、近本に右中間へ先制の適時二塁打を献上。続く大山には中越えの適時二塁打、原口には左翼席上段への2ランを浴びて初回に一挙4失点。2回は2死無走者から中野に右前打を許しながら無失点で切り抜けたものの、直後の打席で代打を送られた。

逆転でのクライマックスシリーズ進出へ、「どういう形であれチームが勝つことが全て。僕がやるべきことをやって、チームが勝つために戦えればいいと思う」と臨んだ一戦。好投で流れを引き寄せることはできず、3回から遠藤にマウンドを譲った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加