最高にきらめく、2人だけの時間『Summer of 85』ダンスシーン解禁 行定勲監督らコメントも到着

最高にきらめく、2人だけの時間『Summer of 85』ダンスシーン解禁 行定勲監督らコメントも到着

  • クランクイン!
  • 更新日:2021/07/20
No image

映画『Summer of 85』かけがえのない時間を堪能するアレックスとダヴィド<画像をもっとみる>

フランス映画界の巨匠フランソワ・オゾン監督の最新作『Summer of 85』より、少年たちのきらめく一夜のデートシーンを捉えたダンスクリップ映像が解禁された。

【動画】最高にきらめく、2人だけの時間 『Summer of 85』ダンスクリップ映像

本作は、少年たちのみずみずしい刹那の初恋を描く、はかなくも美しいラブストーリー。1985年の夏、北フランスの海辺の町を舞台に、運命的な出会いを果たした16歳のアレックス(フェリックス・ルフェーブル)と18歳のダヴィド(バンジャマン・ヴォワザン)が愛におぼれ、永遠の別れを知るまでの、生涯忘れられない“6週間の青春”を描く。

公開された映像は、互いに引かれ合うアレックスとダヴィドが、クラブで激しく踊り明かし、2人だけのかけがえのない時間を堪能するワンシーン。気の向くままにダンスを楽しむダヴィドと、彼を真っすぐ見つめながら無邪気に飛び跳ねるキュートなアレックスの姿が映し出される。

バイクの2人乗りも、クラブでのダンスも、この胸の高鳴りも、今まで知らなかった“初めて”をすべて教えてくれたダヴィドの存在をかみしめるように、目を閉じるアレックス。そんな彼に後ろからそっとダヴィドがヘッドホンを着けると、場内の喧騒(けんそう)が一瞬で聞こえなくなり、往年のロックスター、ロッド・スチュワートによる名曲「Sailing」が優しく響く。

本作はオゾン監督が、17歳の時に出会い感銘を受けた、英作家エイダン・チェンバーズの青春小説『Dance on My Grave』(『おれの墓で踊れ』/徳間書店)を、約35年の時を経て映画化。本作に強い思い入れのあるオゾン監督は、「このダンスシーンこそ、映画のコアだ」と語る。

「二人は同じ音楽を聴いているのに、一緒に踊るわけでもない。ダヴィドは身体をくねらせながらへらへら笑っていて、かたやアレックスは天井のミラーボールをぼんやり見ている。撮影しているときはそこまで考えられていなかったが、あとでこのシーンを思い返してみると、早い段階で2人の離別を予告していたんだと、改めて解釈できた。ちなみに、『Sailing』を提案したのは(アレックス役の)フェリックスなんだ。リズムと歌詞がしっくりきて、『これだ』と思ったね」と監督は明かしている。

劇中には、「Sailing」以外にも、1980年代を代表するTHE CUREの名曲「In Between Days」などが使用されている。

また、本作をいち早く鑑賞した行定勲監督、モデルの中島セナをはじめ各界から絶賛のコメントが多数到着。「胸をしめつける素晴らしい青春映画」(行定)、「十代にしかない爽やかなひとときと、日常のシーンを切り取ったようなリアルさが印象的」(中島)と、それぞれ称賛している。

映画『Summer of 85』は8月20日より全国公開。

クランクイン!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加