業務スーパーにある『紫いか下足唐揚げ』はゲソ丼式で食べたいコリコリ濃厚味

業務スーパーにある『紫いか下足唐揚げ』はゲソ丼式で食べたいコリコリ濃厚味

  • mitok
  • 更新日:2022/05/20
No image

業務スーパーで販売されている『紫いか下足唐揚げ』をご存じでしょうか。

いかのゲソに衣を付けた冷凍魚介です。ムラサキイカ(アカイカ)という大型の品種を使用した、食べごたえのあるサイズ感。そのまま食べられる濃い味付けと相まって、おかずにもおつまみにも重宝するおいしさですよ。

東華商事|紫いか下足唐揚げ|429円

No image

業務スーパーでは429円(税込、税抜398円)で販売中です。内容量は500g、カロリーは100gあたり118kcal(炭水化物 10.2g、食塩相当量 1.5g)。原産国は中国、輸入・販売は東華商事。

コスパ(単価)は100gあたり約86円。似たような商品には『ミックスいか唐揚げ』(500g・321円・約64円/100g)などがあります。十分手頃ですけど、業スーPB品と比べればちょい高めのポジションになります。

No image

調理方法は、凍ったままの本品を170℃の油で3~4分揚げるだけ。衣はばれいしょでん粉を使用しており、竜田揚げに近いタイプ。加熱時に剥がれやすいので、なるべく少量ずつ慎重に揚げるのがおすすめです。

No image

二本ずつの房に分けられたゲソで、しっかり大きめのサイズ感。太くかつ柔らかすぎず、コリコリもっちりした歯ごたえが存分に楽しめます。ゲソ自体はちょい重いけど、衣の食感はさっくり軽やかな感じ。

素材の旨みは程よく、味付けはやや濃いめ。醤油の香ばしさと食塩の塩気が立っており、シンプルながらパンチのある味わい。調味料を足す必要なく、そのままビールおつまみになるおいしさです。

No image

ボリューム感と濃い味のおかげで、白米とも好相性。ご飯にのせるだけでゲソ丼(北海道旭川市のご当地グルメ)風にアレンジできます。レモン汁を絞って爽やかに仕上げてもおいしい一品ですよ。

特徴をまとめると以下のようになります。

中国原産のムラサキイカのゲソを衣に包んだ冷凍唐揚げ

竜田揚げに近いさっくり衣と強めの弾力食感で食べごたえ優秀

そのままでもアレンジしてもおいしい、濃いめかつバランスの良い味付け

食感のバリエーションを求めるなら『ミックスいか唐揚げ』(500g・321円)がおすすめ

mitok編集スタッフ(T)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加