イーロン・マスク氏、Twitterとの取引を一時保留に

イーロン・マスク氏、Twitterとの取引を一時保留に

  • ケータイ Watch
  • 更新日:2022/05/13

米国の実業家イーロン・マスク氏は、米Twitter(ツイッター)の買収について、取引を一時的に保留していることを明らかにした。同氏が自身の公式アカウントでツイートした。

No image

マスク氏は、「Twitterとの取引は、『スパムや偽アカウントが、ユーザーの5%未満である』という計算を裏付ける詳細が得られるまで、一時的に保留される」とツイート。

当該ツイートには、「Twitterが、第1四半期において、スパムや偽アカウントの割合を推定した」と報じる英ロイターの記事リンクが添えられている。

Twitterに関しては、4月、マスク氏によって約440億ドル(約5.6兆円)で買収されることが発表されていた。

Twitter deal temporarily on hold pending details supporting calculation that spam/fake accounts do indeed represent less than 5% of users https://t.co/Y2t0QMuuyn
— Elon Musk (@elonmusk)
May 13, 2022
from Twitter

松本 和大

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加