三山ひろし、故郷・高知のプロモキャラクターに 過去には広末も...「大変な大役」

三山ひろし、故郷・高知のプロモキャラクターに 過去には広末も...「大変な大役」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2020/09/15
No image

「2020年度高知家プロモーション記者発表会」でけん玉を披露する三山ひろし=高知市内

演歌歌手の三山ひろし(39)が15日、高知市内で行われた「2020年度高知家プロモーション記者発表会」に登場した。三山は13年に始まった同プロモーションの新プロモーションキャラクターに就任。過去には広末涼子(40)が娘、島崎和歌子(47)がお姉さんの設定で同キャラクターを務めているが、三山は初の男性とあり「高知家のアニキ」として高知県をPRしていくことになった。

三山は「大変な大役をおおせつかりまして…緊張しています。島崎さんは大先輩、広末さんも年は同じなんですが、芸能界では大先輩なんで、アニキというのはどうなのか?弟じゃないかと思いましたが、アニキとしての役回りを果たしていきたいと思います」と決意表明した。

プロモーションのポスター撮りでは、3回目に紅白に出場した際の和服を着用。三山は「着物も喜んでいますよ。“これからだ”という勝負の衣装。生地にも一番いい絞りを入れています。これ以上ない衣装です」と気合を強調。苦労話として「高知家の看板が重かった。段ボールかプラスチックだと思っていたら、本物の木で。これが高知県の重さ。責任を感じた」と明かした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加