iPhoneでExcel(エクセル)を使う方法 – Excelファイルの閲覧・編集手順

iPhoneでExcel(エクセル)を使う方法 – Excelファイルの閲覧・編集手順

  • OTONA LIFE
  • 更新日:2021/11/25
No image

表計算ソフト「Excel(エクセル)」はPC向けソフトというイメージが強いですが、iPhoneでもアプリを無料インストールして利用することが可能です。Dropboxと連携することでPCとiPhone間で同じExcelファイルをやり取りすることもできます。

今回はiPhone版Excelのインストール方法や、ファイルの閲覧方法や編集手順を一つひとつ解説します、

iPhone版「Excel(エクセル)」のインストール方法

iPhone版Excelのインストール方法は以下の通りです。まず、App Store→こちらにアクセスします。

ちなみにMicrosoft社は別途、iPhone向けにExcelやWord、PowerPointを統合した「Microsoft Office」アプリも配信しています。ExcelだけでなくWordやPowerPointも使用したい場合、ExcelアプリではなくOfficeをインストールするのも手です。Microsoft Officeのインストール方法は、記事の後半で解説します。

無料版と有料版の違い

iPhone版Excelアプリには無料版と有料版の2種類があります。基本的な機能は無料版で一通り使えます。Excelファイルの閲覧や簡単な編集が目的であれば、無料版をインストールすれば当座は十分でしょう。なお無料版の機能に加え、有料版では以下の機能が利用可能です。

・ピボットテーブルのスタイルおよびレイアウトをカスタマイズ
・作成した色を図形に追加
・ワードアートを挿入および編集
・影や反射のスタイルを画像に追加
・グラフ要素を追加および編集

iPhone版「Excel(エクセル)」の使い方

iPhone版Excelの使い方を解説します。

Microsoftアカウントを用意する手順
インストールしたExcelアプリを立ち上げると、はじめにMicrosoftアカウントの認証を求められます。Microsoftアカウントを持っていない場合、新規作成が必要です。

これでアカウントの作成は完了です。

Excelファイルの新規作成方法
以下の手順で、Excelアプリからファイルを新規作成することができます。

Excelファイルの保存・編集方法
Excelファイルを保存し、もう一度開いて再編集する方法を解説します。

保存したファイルはExcelアプリからアクセスすることができます。

ExcelファイルのDropBoxへの保存方法
DropBoxアプリを使用している場合、Excelから直接DropBoxにファイルを保存することができます。DropBoxはPCからも利用できるため、PCとiPhone間のExcelファイルのやり取りに便利です。

iPhoneで作成したExcelファイルをパソコンから開くには

DropBoxに保存したExcelファイルを、PCから開いてみましょう。まず、DropBoxは→こちらを開き、iPhoneで保存したExcelファイルにアクセスします。

Word/Excel/PowerPointを統合した「Office」アプリも登場

先述した通り、Word、Excel、PowerPointを統合したOfficeアプリもiOSアプリとして登場しています。それぞれのファイルの閲覧と編集がひとつのアプリでできることが特徴。

最大のメリットはストレージ容量が節約できること。Office全般を頻繁に使う方は個別にアプリをインストールしなくとも、Officeアプリをインストールすれば充分です。

インストールには、まず、Apple Storeは→こちらにアクセスします。

まとめ

仕事などでExcelを使う機会が多い人は、iPhone版のExcelもインストールしたうえでDropBoxと連携させることでオフィスでも出先でも快適にファイルの閲覧や編集ができます。

グラフやワードアートなど一部機能に無料版では制限がかかっているため、PC版同様の複雑な編集を行うにはやや物足りないですが、簡単な作業は無料版でも可能。無料版で物足りない時は、有料版へのグレードアップも検討しましょう。

※サムネイル画像(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

By OTONA LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加