鷹リチャードに「ご意見番厳しめ」 極太の“二の腕ギャグ”を一蹴したのは誰?

鷹リチャードに「ご意見番厳しめ」 極太の“二の腕ギャグ”を一蹴したのは誰?

  • フルカウント
  • 更新日:2021/02/21
No image

ソフトバンクのリチャード【写真:代表撮影】

189センチで119キロ、太い二の腕を使ったギャグも不発に…

ソフトバンクの大砲候補として期待される4年目のリチャード内野手。球団公式インスタグラムでは、ウエートトレーニング中に見せた一発ギャグを公開しているが、見ていたベテランの“ご意見番”が何とも厳しい。その2人のやりとりに、ファンは大爆笑している。

紅白戦でも一発を放ち、アピールを続けるリチャード。189センチ、119キロの恵まれた体格は惚れ惚れするほど。公開された動画では、トレーニングの合間に太い二の腕を見せ「太く! 鷹く!」とスローガンを使ったギャグを披露。ところが目の前で見ていたベテラン川島慶三内野手に「いいから(トレーニング)やれよ」と一蹴され、「はい…」と苦笑いするしかなかった。

このコントのようなやりとりに、ファンも爆笑。「慶三さん、後輩いじり好きやなぁ…」「ご意見番厳しめ」「川島鬼コーチ、良いです(笑)」「慶三さんオモロい」などとコメントが寄せられていた。(Full-Count編集部)

Full-Count編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加