富士急ハイランド「FUJIYAMAスライダー」7月22日オープン、地上55mからわずか20秒で急降下

富士急ハイランド「FUJIYAMAスライダー」7月22日オープン、地上55mからわずか20秒で急降下

  • 女子旅プレス
  • 更新日:2022/06/23

【女子旅プレス=2022/06/23】山梨県富士吉田市の「富士急ハイランド」は、絶景展望台「FUJIYAMAタワー」の展望デッキから一気に滑り降りる日本最長のチューブ型スライダー「FUJIYAMAスライダー」を、2022年7月22日(金)にオープンする。

No image

(写真 : 「FUJIYAMAスライダー」イメージ/画像提供:富士急行)

【写真】富士急、430万人震撼の戦慄迷宮が“収容病棟篇”に進化!リニューアル内容は?

◆新たな絶叫エンタメ「FUJIYAMAスライダー」

「FUJIYAMAスライダー」は、専用のスライディングマットに足を入れて寝そべり、地上55mの「FUJIYAMAタワー」の展望デッキから地上まで、タワーを周回する全長120mのコースを一気に滑り降りるチューブ型スライダー。

真っ暗でどこまでも続くようにも見えるスライダーの入口に勇気を出して侵入すると、わずか20秒で地上まで急降下。新感覚のスリルを味わえる。

◆富士山一望の絶景ポイントでアクティビティを楽しむ「FUJIYAMAタワー」

「FUJIYAMAタワー」は、2021年7月にオープン。

世界に誇る絶叫アトラクション「FUJIYAMA」に乗った人だけが見られる、遮るもののない富士山を一望する“とっておきの絶景”をジェットコースターに乗らなくとも楽しめるのが特長で、オープン以来、富士五湖エリアを訪れる多くの観光客を魅了している。

なお「FUJIYAMAスライダー」建設工事に伴い、「FUJIYAMA」は2022年6月30日(木)まで、「FUJIYAMAタワー」は同年7月中旬まで長期間運休となる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■FUJIYAMAスライダー

・高低差:55m

・全長:120m※チューブ型スライダーとして日本最長(当社調べ)

・所要時間:約20秒※体格により個人差がある

・利用料金:ハイシーズン/1,200円、レギュラーシーズン/1,000円、オフシーズン/800円

■富士急ハイランド

住所:山梨県富士吉田市新西原5-6-1

電話番号:0555-23-2111

営業時間:9:00~17:00※季節により異なる、詳しくはWEBサイトを確認

アクセス:JR中央本線大月駅で富士急行線に乗換富士急ハイランド駅下車、大月駅から約50分

情報:富士急行

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加