「もう言い訳は通用しない」――三浦ベイスターズ快進撃の立役者! 伊勢大夢が絶対的セットアッパーへと成長した軌跡【DeNA】

「もう言い訳は通用しない」――三浦ベイスターズ快進撃の立役者! 伊勢大夢が絶対的セットアッパーへと成長した軌跡【DeNA】

  • THE DIGEST
  • 更新日:2022/09/23
No image

横浜DeNAベイスターズは、昨年の最下位から一転、首位のヤクルト・スワローズ迎撃を狙うまでの戦いを続けている。三浦大輔監督が就任2年目を迎えたチームは、“切り込み隊長”の桑原将志が急先鋒となり、後続には首位打者経験のある佐野恵太と宮﨑敏郎、そして2年目ながら打線の軸となっている牧秀悟がどっしりと居座っている。

ネフタリ・ソトとタイラー・オースティンの両助っ人も加えた打線は、球界屈指のネームバリューと破壊力を秘める。ゆえに今年のDeNAは「打力が魅力のチーム」と思われがちだが、実際はリーグ2位の防御率3.46の投手力、とくに防御率3.14の救援陣の活躍が顕著だ。

鉄壁のリリーバー陣の踏ん張りで勝利を積み重ねてきた。その中でもリーグトップの67登板と、投球数球(1016)、防御率1.67、球団記録更新中のホールドポイント40というハイアベレージをマークしているのが、プロ3年目の伊勢大夢だ。

9月22日の巨人戦では、エドウィン・エスコバーの作ってしまった無死満塁のピンチで登板すると、中田翔、岡本和真、中島宏之をチカラでねじ伏せる圧巻のピッチングを披露。いまの伊勢には風格も漂ってきた。

三浦監督も「ホントにキツい場面でも堂々としていますし、強気に行きながらも慎重にと、バランスが難しいなかでも腹くくって最高のピッチングをしてくれました。頼りがいのある男です」と評価する。

「これだけの試合数を重ねて、出ていく場面はシビアな場面が多いですから疲れも相当に溜まってるなかで、毎日のケアをして、疲れたところを見せずに準備してくれていますし、頑張ってくれています。本当によくやってくれています」
大卒プロ3年目の伊勢はルーキーイヤーから33試合登板、防御率1.80と即戦力として活躍。昨年も“2年目のジンクス”を感じさせずに39試合登板。ブルペンの一角として機能した。そして今年はセットアッパーとしての座をしっかりと掴み、オールスターにも選出されるなど、一足飛びにスターダムを駆け上がった。

躍進の秘訣は何か。伊勢がいの一番に挙げたのはメンタル面の改善だ。

「チームを支えている自覚もあるんで。心の余裕が全然違うかなと思います。今までは結果出さなきゃ出さなきゃと思っていたが、チームを背負わせてもらう立場になったので、言い方は悪いですけど一回失敗しても大丈夫かなぐらいな感じで。1点も取られちゃ駄目って言うのも、1点以内に抑えればいいっていう感覚です」

リリーバーとしての責任あるポジションを掴み、またその座で結果を出し続け、いい意味でのリラックス効果が好循環を呼んでいるという。 そして、伊勢がさらに言及したのは、プロのストライクゾーンへの対応だった。「元々コントロール悪いタイプだとは自分で思ってなくて。ただプロに入ってストライクゾーンのアマとの違いがありそれで自分の中でうまくいかないことがあった」という24歳は、与四死球率1年目3.60、2年目4.10に対し「今年は3年目。もう言い訳は通用しない」と覚悟を持って取り組んだ結果、今年は2.94と一気に改善させてみせた。

ポイントとなったのは、「変化球。特にストライクゾーンで勝負する」感覚だと話す。
「ゾーン内に残すって言うとあれですけれども、そういう感覚です。変化球でストライクを取れるので、より真っ直ぐも強く投げられるのかなと思います」

チーム全体で取り組んでいる“ゾーン内での勝負”が、好結果をもたらしていると実感している。そんな伊勢は「この時期にきたら緊張よりも疲れがくる選手みんなそうだと思いますが、僕は特に緊張もせず良くなってきている。なんかまたもう一度自信を取り戻したって感じです」と強調。「負けなければ何かが起きると思う」と目に力を込めた厳つい印象とは真逆の右腕。ポストシーズンでも疲れ知らずの剛腕がチームを高みに導く。

取材・文●萩原孝弘

【関連記事】FA“超目玉”の楽天・浅村栄斗を獲得すべき球団はここだ!ポジション、攻撃力、資金および熱意の3点から識者が徹底解説

【関連記事】球界最高年俸9億円の田中将大、リーグワーストの成績に。元メジャーリーガーの低調さに韓国紙が「全盛期は過ぎた」と悲鳴

【関連記事】大谷翔平の「1.93」が示すものとは?二刀流の“狂気的なスタッツ”にMLB公式が注目「ベースボール史上最高の才能を持つ」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加