写真で見る「ERGO K860」 - 曲線デザインが特徴! ロジクール初の分割型エルゴノミックキーボード

写真で見る「ERGO K860」 - 曲線デザインが特徴! ロジクール初の分割型エルゴノミックキーボード

  • マイナビニュース
  • 更新日:2021/07/20
No image

ロジクールから7月19日、ロジクールブランド初をうたうエルゴノミックキーボード「ERGO K860 エルゴノミック スプリット キーボード」(ERGO K860)が国内発表されました。ロジクールでは以前から「MX ERGO」や「MX Vertical」など、人間工学を基にデザインした、体への負担が少ない周辺機器シリーズを展開していますが、この「ERGO」シリーズへ新たに分割型キーボードが加わった形になります。

ロジクール「MX KEYS」実機レビュー! とことん文字入力する職種の「愛刀」になる新キーボード

ERGO K860は本体中央が盛り上がり、自然な手の角度をサポートする形で左右のキーが分割されている特徴的なデザインです。直販価格は16,940円。国内ではMicrosoftやケンジントンなどが同種の分割キーボードを出しています。今回登場したERGO K860、写真で実機を見ていきましょう。
○ERGO K860の概要

キー構造:パンタグラフ
キーレイアウト:115キー日本語配列
キーピッチ:18mm
キーストローク:1.8mm
電源:単4形乾電池×2
本体サイズ:456×233×48mm
重さ:1,160g

短時間ながらERGO K860を試したところ、確かに「打ちやすさ」を感じます。打鍵の心地よさというよりは、おそらく姿勢の部分で妙に疲れない……という状態。本体の山の部分を左右の手で包み込むような姿勢で打鍵しますが、大きく高さもあるパームレストが手首を自然な角度に保ち、山型のデザインで手首を内側に曲げなくても打鍵できるようになっています。やや“いかつく”見えてしまいますが、スペースが許すならパームレスト下のスタンドを立てたほうがより負担を感じずに入力できそうです。

スイッチ構造は一般的なノートPCでも使われることの多いパンタグラフで、軽いタッチのタイピング。メカニカルスイッチのような押し込みの深さはありませんが、キーエリアも広く本体も大きめなので、ストローク1.8mmという程よい浅さが合っていると感じました(押し込み感は数値以上に深く感じます)。

反面、本体サイズの大きさ(幅456mm)は狭いデスクに置きにくく、ネックになりそうなポイント。合わせて曲線的なキー配置やキーエリアの広さは、例えばホームポジションに手を置いた状態でも届きにくいキー(右手の小指担当キーなど)があり、ある程度の慣れも必要そうです。

発売日は8月19日。直販サイトのほか量販店での販売も予定されているため、気になるかたは展示機を触ってみることをおすすめします。

村田奏子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加