専大松戸2年ぶり春季関東大会決める 深沢がセンバツ後初の公式戦で無失点

専大松戸2年ぶり春季関東大会決める 深沢がセンバツ後初の公式戦で無失点

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/05/04
No image

船橋対専大松戸 6回から登板し、2回を投げ無安打3三振、無失点で好救援したエースの深沢(撮影・保坂淑子)

<高校野球春季千葉大会:専大松戸7-0船橋>◇3日◇準決勝◇千葉県天台野球場

今春、センバツ出場の専大松戸が2年ぶり11度目の春季関東大会出場を決めた。

守備からリズムを作り攻撃につなげた。先発の岡本陸投手(3年)が、初回を3者凡退に抑えると、その裏、相手投手の立ち上がりを攻め、3四球と1安打で2点先制。3回裏には4安打に相手の守備のミスも重なり、一挙5点を挙げた。6回からは、エースの深沢凰介投手(3年)が、センバツ後初の公式戦のマウンドに上がり、真っすぐを主体に安定した投球で無安打、無失点の好救援。7回コールドで試合を締めた。

深沢は「久しぶりのマウンドで緊張したけど、野手が得点してくれたので、今日は気持ち良く投げられました」と笑顔を見せた。

センバツでは初戦敗退も、中京大中京打線をわずか3安打に抑え2失点。大会屈指の好投手・畔柳亨丞投手(3年)と堂々と投げ合った。「でも、まだまだ足りない。1球のツメの甘さを痛感した」と、センバツ後はブルペンで1球1球、試合の状況を想定し、細かい制球を磨いた。目指すは夏の甲子園。「自分の球が全国でどれだけ通用するのか。もっとチャレンジしたい」と力強く話した。

一方、69年ぶり2度目の関東大会出場を逃した船橋は、県内有数の進学校ながら、昨秋は強豪・習志野を地区予選で破り3回戦進出。今春は4強入りと力をつけてきている。日暮剛平監督(38)は「関東大会に出場するチームのレベルの高さを思い知りました。突破口が見いだせなかった。劣勢に立ってもはね返す力をつけたい」と、夏に向け、決意を新たにした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加