「全国旅行支援」年明け以降実施も割引率など変更、なぜ? 現行制度は12/27宿泊まで適用

「全国旅行支援」年明け以降実施も割引率など変更、なぜ? 現行制度は12/27宿泊まで適用

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2022/11/25

割引率は一律20%へ…

No image

国内旅行のイメージ(写真AC/乗りものニュース編集部撮影)。

国土交通省 観光庁が2022年11月25日(金)、年明け以降の観光需要喚起策「全国旅行支援」について発表しました。施策は継続するものの、割引率などを見直すとしています。

具体的には、現行で一律40%の割引率を「20%」にします。割引上限額についても、鉄道や航空などの交通機関と一体となった、いわゆるパック旅行の場合は1泊あたり「5000円」(現行8000円)に、宿泊のみなど上記以外の場合は「3000円」(現行5000円)に、それぞれ引き下げられます。

条件を満たした場合に配布されるクーポン券の額も、平日のみ現行の3000円分から「2000円分」に引き下げられます。休日は1000円分で変更ありません。また、原則として電子クーポンでの配布です。

新制度の開始時期は、今後の新型コロナウイルス感染状況を踏まえつつ別途告知されます。なお現行の「全国旅行支援」は、12月27日宿泊分(翌28日チェックアウト分)まで適用されるということです。

割引率などの変更について観光庁は「旅行需要の急激な変動の緩和を図る観点から制度を見直すこととした」としています。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加