広瀬すず主演「夕暮れに、手をつなぐ」第2話6・6% 運命の巡り合わせで空豆と音が共同生活

広瀬すず主演「夕暮れに、手をつなぐ」第2話6・6% 運命の巡り合わせで空豆と音が共同生活

  • 日刊スポーツ(エンタメ)
  • 更新日:2023/01/25
No image

広瀬すず(2022年撮影)

女優広瀬すず主演のTBS系連続ドラマ「夕暮れに、手をつなぐ」(火曜午後10時)第2話が24日、放送され、平均世帯視聴率が6・6%(関東地区、速報値)だったことが25日、ビデオリサーチの調べで分かった。個人視聴率は3・9%だった。

第1話の平均世帯視聴率は8・0%だった。

同作は、九州の片田舎で育った浅葱空豆(あさぎ・そらまめ)が、幼なじみの婚約者を追って上京した先で、King&Prince永瀬廉演じる音楽家を目指す青年・海野音(うみの・おと)と運命的で衝撃的な出会いをして始まるラブストーリー。NHK連続ドラマ小説「半分、青い。」などで知られる北川悦吏子氏が脚本を手がける。

第2話で、運命的で衝撃的な出会いを果たした空豆(広瀬すず)と音は、それっきり、もう一生会うことはないと思っていたが、不思議な運命の巡り合わせから、空豆と音は共同生活をおくることになった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加