ヒグマが道路に”仁王立ち” 海を見つめ何を思う...近づく車に気づくと一瞬にらみつけ 草むらに姿消す 北海道興部町で体長約1.6メートルのクマが国道に現る

ヒグマが道路に”仁王立ち” 海を見つめ何を思う...近づく車に気づくと一瞬にらみつけ 草むらに姿消す 北海道興部町で体長約1.6メートルのクマが国道に現る

  • 北海道ニュースUHB
  • 更新日:2023/11/21
No image

UHB 北海道文化放送

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

北海道で、道路上に突っ立ち、車の行く手をふさぐヒグマの姿が目撃されました。仁王立ちのクマが目撃されたのは、興部町沙留(おこっぺちょう・さるる)の国道です。11月18日、乗用車を運転していた女性が、車の数十メートル先に、クマがいるのに気づきました。

No image

道路上に突っ立つヒグマ…まるで"通せんぼ"(撮影:視聴者)

クマは後ろ足で立ち上がり、背筋を伸ばして、海の方を凝視してました。クマは車の接近に気付くと、一瞬にらむかのように向き合った後、すぐさま道路脇の草むらに姿を消しました。

No image

車の方に姿勢を変えたクマ(撮影:視聴者)

車の同乗者によりますと、クマは体長1.6メートルほどで、海に向かって飛んでいく鳥を追いかけていたのではないかということです。ドライバーの女性は「本物のクマを初めて見て驚きました。こんな海沿いの道にいるなんて。怖かったです」と話しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加