世界のアスリート長者番付 女性が活躍できる団体競技が少ない現実

世界のアスリート長者番付 女性が活躍できる団体競技が少ない現実

  • マネーポストWEB
  • 更新日:2022/06/23
No image

世界アスリート長者番付の19位にランクインした大坂なおみ(写真/共同通信社)

その華麗なプレーで私たちを魅了し、世界で最も年収を稼ぐアスリートは誰か? そんな興味深いアスリート長者番付トップ50を、米経済誌『フォーブス』が5月に発表した。その上位を見ると、1位のリオネル・メッシ(サッカー/アルゼンチン)の総年収1億3000万ドルを筆頭に、2位レブロン・ジェームズ(バスケットボール/米国)、3位クリスティアーノ・ロナウド(サッカー/ポルトガル)、4位ネイマール(サッカー/ブラジル)、5位ステファン・カリー(バスケットボール/米国)と続く。ベスト10に入った選手の総年収は、それぞれ日本円換算で100億円を超えている。

【表3枚】世界の壁は高い… 世界のアスリート長者番付・年収トップ10。日本女子ゴルフ、プロ野球の推定年俸ランキングも

この錚々たるスター選手の顔ぶれを見ながら、スポーツマネジメント分野に詳しい、産業能率大学情報マネジメント学部兼任教員の須賀優樹さんは次のように話す。

「サッカーではメッシ、ロナウド、ネイマールという3人がずば抜けていますが、サッカーの平均年収は国やリーグでかなり違うのが実情。その点で、全体的にはアメリカのプロスポーツの平均年収の高さが際立っています。

というのも、NBAのレブロン・ジェームズ、ステフィン・カリー、ケビン・デュラント(6位)、ヤニス・アデトクンボ(10位)、NFLのトム・ブレイディ(9位)あたりは、アメリカのプロスポーツリーグの大スター。つまり、アメリカのプロスポーツの方が、スポーツビジネスとして収益を稼ぐのをうまくやっている印象があります」

ちなみに、同アスリート番付の上位50人を競技別にみると、トップがバスケットボールの18人で、14人のアメリカンフットボールが続き、以下、サッカーが5人、テニスとゴルフとボクシングが各3人、自動車競技が2人、野球と総合格闘技が各1人だ。

「もう1つの特徴は、サッカーやテニスなどの選手は、競技収入とは別に、広告収入などフィールド外収入がかなりの割合を占める点です。これは、ブランド的価値が本人たちにあるということ。

男性アスリートがキャリアを重ねてそれを高めるのに対し、女性アスリートは若さがセールスポイントになる傾向があり、大坂なおみ選手の成功はその典型。ただ、テニスが4大大会の優勝賞金を男女同じにするなどジェンダーギャップ解消に積極的な一方、WNBA以外に女性が活躍できる団体競技のプロリーグがあまり見当たらないのも現実なのです」(須賀さん・以下同)

この番付で50位以内に入った女性は、19位で女子トップに輝いたテニスの大坂なおみと、同じくテニスで31位のセレナ・ウィリアムズ(米国)の2人。

特に大坂はスポンサーが20社以上あり、年収は米メジャーリーグ(MLB)最高のマイク・トラウト(30)(4950万ドル)を上回る。『フォーブス』誌1月発表の2021年度女性アスリート長者番付では、1位大坂、2位セレナのほか、3位にビーナス・ウィリアムズ(41)(米国/1130万ドル)、5位にガルビネ・ムグルサ(28)(スペイン/880万ドル)、8位にアシュリー・バーティ(26)(オーストラリア/690万ドル)が入り、女子テニス選手の存在が際立つ。

テニスなど個人競技での成功例はあるものの、団体競技で女性が稼ぐようになるにはまだ時間がかかるのかもしれない。

取材・文/北武司

※女性セブン2022年6月30日号

マネーポストWEB

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加