NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
坂上忍、小山田一転辞任で組織委員会に怒り「何の責任も取ってない」

坂上忍、小山田一転辞任で組織委員会に怒り「何の責任も取ってない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2021/07/20
No image

坂上忍

20日放送のフジテレビ系「バイキングMORE」(月~金曜前11・55)はミュージシャンの小山田圭吾(52)が学生時代の同級生らへのいじめを理由に東京五輪開会式での楽曲制作担当を辞任した問題を取り上げた。

小山田氏は、小学校から高校時代に障害者のクラスメートに対し、暴行や傷害ととれるいじめをしていたと1996年の音楽雑誌などで語っていた。開会式の音楽担当が発表されると、ネット上で取り上げられ、批判が沸き起こった。問題発覚後、いったん続投を決めていた大会組織委員会だったが、小山田氏の辞意を受けて、それを受理。小山田氏が手掛けた開会式冒頭の約4分間の楽曲は使用しない。

MCを務める俳優、坂上忍(54)は当時の記事について「多くの方がまさかここまでのものとは思っていなかったと思う。僕もそうでしたから」と感想を語り、「『20数年前のことが今ごろ?』っと思って読んでみたら、こんなのが記事になっていたんだ」と驚いたという。版元である「ロッキング・オン・ジャパン」のロッキング・オンと「クイック・ジャパン」の太田出版については「どっちもですけど、20数年前とはいえ、ここまで趣味の悪いものをよく公にしたな」とバッサリ。

小山田氏本人の問題と人選した組織委員会の問題を別で考える必要があるとし、後者に関して、組織委の武藤敏郎事務総長(78)に「小山田さんが辞めるなら、あの人も辞めてもらいたい」と主張。「この人たち何の責任も取ってないんだよ? うちらの常識でいったら、キャスティングしたら、制作者側は演者を守るんだよ。でも、守り切れないとなった時は、そいつに責任を全部押しつけて、お前ら何一つ責任を取らないやり方なんて許されていいわけないじゃない。この人たちは何も責任を取っていないんだからね。最終的に小山田さんに自分から辞めさせるように仕向けたとも取れなくもない」と説明した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加