衝撃!ソフトバンク栗原シリーズ最多タイ1試合4安打 打率8割7分5厘に

衝撃!ソフトバンク栗原シリーズ最多タイ1試合4安打 打率8割7分5厘に

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2020/11/22
No image

◆日本シリーズ第2戦 巨人-ソフトバンク(22日、京セラドーム大阪)

大量リードでもソフトバンク・栗原のバットは止まらなかった。

初回に右前打、3回の空振り三振を挟んで5回にも右前打。7回には遊撃内野安打、そして9点リードの9回にも右前打を放った。1試合4安打はシリーズ最多タイ記録。球団では南海時代1959年の岡本伊三美以来2人目という快挙だ。

21日の第1戦は菅野から右越え本塁打、右翼線二塁打、左中間二塁打の3安打。四球も選んで4打席4出塁だった。第2戦の第5打席を終え、今シリーズは9打席で8打数7安打、打率8割7分5厘となった。

西日本スポーツ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加