学校給食のせんべい汁に直径約9mmの金属ねじ混入 児童が口に入れる前に気づく 静岡・清水町

学校給食のせんべい汁に直径約9mmの金属ねじ混入 児童が口に入れる前に気づく 静岡・清水町

  • テレビ静岡NEWS
  • 更新日:2022/11/25
No image

混入していた金属ねじ(提供:清水町)

ここをクリックすると元記事で動画再生ができます。

静岡県清水町の学校給食で出された汁物から、金属のねじが見つかりました。調理器具からの落下が原因で、児童が口に入れる前に気付いたということです。

異物が見つかったのは清水町の南小学校の給食です。

町によりますと、24日に給食で提供されたせんべい汁に、金属のねじが混ざっているのが見つかりました。

ねじは直径約9mm長さ約5mmで、配られた6年生の児童が口に入れる前に気付き、これまでに健康被害は確認されていないということです。

せんべい汁は校内の給食室で作られていて、調理器具を確認したところ、「スライサー」のねじが1本外れていたことが分かりました。

調理中に外れ、混入したと見られています。

町は他の調理器具に異常がないかすでに点検を終えていて、25日以降も通常通り給食を提供するということです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加