内山理名、結婚後初の公の場 父親役の内藤剛志「吉田栄作が憎たらしい!」

内山理名、結婚後初の公の場 父親役の内藤剛志「吉田栄作が憎たらしい!」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/11/26
No image

BS-TBS「ホテルマン東堂克生の事件ファイル~八ケ岳リゾート殺人事件~」の取材会に出席した内藤剛志、内山理名(撮影・小林千穂)

俳優吉田栄作(52)と結婚発表した女優内山理名(40)が25日、都内で、結婚後初の公の場となる、BS-TBS「ホテルマン東堂克生の事件ファイル~八ケ岳リゾート殺人事件~」(1月22日午後7時)の取材会に出席した。

内山は今月21日、事務所を通じた文書やSNSで結婚を発表した。

主演の内藤剛志(66)は、花束を渡し「理名ちゃん、おめでとうございます! いいことですよ。いいスタートになる」と祝福し、内山も「皆さまありがとうございます」と笑みを見せた。

ドラマの中では父娘を演じる2人。内藤は「1回だけ言います。吉田栄作が憎たらしい。おやじとしてはそうでしょ」と笑わせ、吉田について「すげえいい男だし、友達だけど」と付け加えた。

ドラマの中で、ブーケトスを受け取る場面もあるそうで、内山は「一番びっくりしています。昨日、出来上がった作品のDVDを見て、忘れていたので、びっくりしました」。

内藤は「(同作の)児玉監督と俺は、栄作と理名のキューピッドなのでは」。今年、児玉監督の別作品で吉田と27~28年ぶりに共演、今回の作品で内山と共演。2つの現場で、吉田と内山とそれぞれに、さまざま語ってきたという。内藤は結婚について、「今はいろんな選択肢がある」としながらも「うれしいことは2倍になるよ」とアドバイス。内山は「来年はそれを目指していきたい」と応じた。

同作は、石ノ森章太郎氏原作の名作コミック「HOTEL」のスピンオフドラマで、内藤演じるホテル総支配人・東堂を主人公に、内山は刑事・高梨を演じる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加