岡田彰布氏は阪神・近本の打撃不振に「考え方の問題よ」

岡田彰布氏は阪神・近本の打撃不振に「考え方の問題よ」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/04/07
No image

甲子園開幕戦で勝利をおさめ、ファンにあいさつする阪神ナイン(撮影・佐々木彰尚)

「阪神6-2巨人」(6日、甲子園球場)

阪神、オリックスで監督を歴任し、デイリースポーツ評論家を務める岡田彰布氏が、打率・146と低迷する近本の打撃不振について「考え方の問題よな」と分析した。

岡田氏が着目したのは2ストライク後のバッティング。「1ストライク目と2ストライク後で同じように振って(強振して)しまってるやろ。やっぱり出塁が求められる選手で、内野ゴロをヒットにできる足があるわけやから。少し考え方を変えた方がいいよな」と評した。

「追い込んでからの方が、相手ピッチャーは厳しいところを攻めてくるわけやから」と指摘した岡田氏。この日の試合前まで2ストライク後の打率は・111。ほとんどの打者が打率を落とす「追い込まれてからのバッティング」に、打率上昇のきっかけがあると説いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加