ツイートしたら100万円の車が売れた 普通の投稿が買い手の心をつかんだ決め手

ツイートしたら100万円の車が売れた 普通の投稿が買い手の心をつかんだ決め手

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2020/09/14

「Twitter効果で車が売れた」。車検や自動車販売、カー用品販売などを手がけるキムラユニティー(名古屋市)のツイッターアカウント「キムラユニティーグループ@SNS担当」が2020年9月10日、投稿で喜びを爆発させた。

No image

同社の運用担当者はJ-CASTトレンドの取材に、「10月で運用歴4年になりますが、こんなケースは初めて。青天のへきれきだった」と語った。普段通りのツイートが100万円を超える大きな商売につながった背景を、詳しく聞いた。

ツイッターの目的「まずは社名を知ってもらう」

「まさに急展開で、何が起きたかわかりませんでした(笑)。9月9日に投稿したツイートを、あるフォロワーが引用RTで取り上げ、新車・中古車検討について質問してくれたので、こちらも引用RTやリプライで事実をそのまま返答し、気軽に相談しにきてほしいと伝えたんです」

担当者は経緯をこう説明した。今回、車を購入したフォロワーは「これまでにお取り引きのない方」。同アカウントがことし7~8月にかけて「岐阜県関市のメガネ専門店 Eyewear shop ami」の公式ツイッターアカウントとコラボキャンペーンしたことがきっかけで「新たにフォローしてくれた人ではないか」と見ている。

「こうした成功例が今後増えていってくれれば嬉しいですが(笑)、額が額ですので、どうしても高い買い物になる。ツイッターですぐに利益面の成果が出るわけではありません」

担当者はこう前置きしたうえで、続けた。

「運用の主目的は『社名を知ってもらうこと』です。必要な時に『こんなところあったな』と候補の一つとして思い出してもらうとともに、実際の購買行動につなげる後押しを、これからもコツコツしていきたいです」

つながりなければ「99%候補に入らない」店舗

キムラユニティーから自動車を購入した「ワイ」さんにも話を聞いた。眼鏡にまつわるツイートを多くRTしているアカウントで、もともと「Eyewear shop ami」をフォローしていた。そこから、同社とコラボキャンペーンをしていたキムラユニティーを知り、フォローしたそうだ。これまで車は家族や知人から借りたり、レンタカーを利用したりしていた。車のオーナーになるのは「人生で初めて」と明かす。

ワイさんの自宅から車を購入したキムラユニティーの店舗は最寄りではなく、他の販売店が「間に10店以上」ある。では、今回購入した決め手は何だったのか、理由を二つ教えてくれた。

一つは公共交通機関で移動するため、店舗が「駅近だった」。もう一つは「ツイッターで新車・中古車いずれも比較できると教えていただいた」からだ。

「ツイッターでつながっていなかったら、購入先として99%候補に入らないような店舗でした。購入価格は諸経費込みで110万円弱。中古車のミライースです」

車の購入に際して知識は少なからず持っていた。店舗に足を運び、即決したのは「私の知識や予算・要求を的確にとらえて、展示中の車を全て見せてくれた上で、これも的確に候補を3台程絞って提示してくれた」からだ。

ワイさんは今回、キムラユニティーが数年がかりでツイッター経由で初めて自動車販売を実現させた点を踏まえ、「見ている人は必ずいる」と話す。ひとりのツイッターユーザーの視点から、企業公式アカウントについて「扱っている商品や『中の人』、お店の魅力が伝わるツイートが多く、たまには真面目さがにじむとフォローしたくなるのでは」と述べた。<J-CASTトレンド>

J-CASTニュース

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加