えちごトキめき鉄道 455系・413系「夜行急行」8/7・14運行 直江津発着で2往復

えちごトキめき鉄道 455系・413系「夜行急行」8/7・14運行 直江津発着で2往復

  • 乗りものニュース
  • 更新日:2021/07/20

トキ鉄で初の455・413系夜行列車

「夜行急行」に使われる455系・413系電車(画像:えちごトキめき鉄道)。

えちごトキめき鉄道は2021年7月19日(月)、国鉄型電車の455系と411系を使用した夜行列車「夜行急行」を8月7日(土)、14日(土)の2日間運行すると発表しました。

これは同社の夏の特別企画の一環で、415系と413系がえちごトキめき鉄道を終夜走行するのは初めてとなります。

この列車は直江津駅を22時16分に出発。妙高はねうまラインの妙高高原駅で折り返し、翌1時頃直江津駅に到着。今度は日本海ひすいラインを走行し、市振駅で折り返し、直江津駅に6時30分到着予定です。

座席数と料金は1便あたり、ボックス席が24ボックス(1ボックス18000円)、ロングシートが17席(1名10000円)、車両端部の学割シートが8席(1名6000円)です。それぞれ、お弁当と夜食、乗車記念品が提供されます。

予約は20日正午から乗車日の3日前まで、専用予約サイトから行います。

乗りものニュース編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加